ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

首裏のツボを氷で刺激すると、体が楽になるらしい・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

体調に違和感を感じたら、すぐ医師の診断を仰ぐのが最善の策。ですが、忙しくてなかなかその時間も摂れないというような人は、この氷を使った民間療法を試してみるのも一考かも。

Little Things」ライターPhil Mutz氏によれば、人間の首の裏にある頭蓋骨の基盤、このツボを氷で冷やすことで、針治療と同じような効果が期待できるというのです。ちょっと眉唾ものの内容ですが…これで効果があれば掘り出し物!

首裏のツボを氷で冷やすと…
体が楽になるらしい

中国医学でいう“Feng Fu”、日本では大椎(だいつい)と呼ばれることも。
このポイントは体のあらゆるトラブルに直結しており、氷で冷やして刺激することで改善へと向かわせるとMutz氏は主張します。起きがけの空腹時や寝る前に1回につきおよそ20分冷やす。これを2〜3日ごとに実施すると、以下のような症状に効果が期待できるんだそう。

01.
眠気が飛びそうだけど…
眠りの質が改善するかも

中国医学によれば、大椎への刺激は睡眠の質と量を向上させるのに有効なようです。なんでも、寝つきがよくなるんだとか。

02.
生理痛のイライラにも?

生理前のイライラや肌荒れなど、あらゆる体の不調となる月経前症候群(PMS)。鎮痛剤もいろいろありますが、大椎を氷で冷やすことで、痛みを和らげる効果が期待できるようです。この頭蓋底エリアは、月経周期と直接的に紐付いているという説も。

03.
甲状腺のトラブル改善

甲状腺に問題を抱えている人は、意外と多いもの。もちろん医師の診察が一番ですが、ここでも氷で冷やすことが有効だとMutz氏。甲状腺はホルモンを分泌して代謝を促す重要な役割。あらゆるトラブルの発端とも考えられます。

04.
消化器官のお悩みにも

胃の痛み、膨満感、消化不良など、誰にでも起こりうるお腹の悩み。これも首の後ろを冷やすことで解決できるようです。利点は、ガスを減らして規則正しい消化を促してくれること。

05.
風邪をひきずらい体づくりに

冬の足跡が聞こえ、風邪を引きやすい時季です。ただでさえ寒いのに氷を首筋に当てるなんて…。とお思いでしょうが、なんでもこれが風邪に効くんだとか。騙されたと思って、お試しあれ。

06.
偏頭痛を軽減して
気分爽快?

原因不明の偏頭痛が頻発し、悩みの種になっている多くの人たちへ。中国の針治療は、しばしば頭痛緩和にも用いられています。この頭痛にも、氷で痛みが緩和したという報告が上がっているんだそう。

07.
血行が改善され
関節痛を和らげる効果も

関節痛は、放っておくと深刻な痛みに発展する場合があります。関節が炎症を起こすことが原因の痛みの緩和に加えて、高血圧症や低血圧症を改善することも報告されているんだそう。

08.
喘息の症状緩和に

呼吸器系の問題には、センシティブなケアを心がける必要があるので、喘息持ちの人などはやっぱりお医者さんの診察が欠かせません。でも、この氷の療法が「呼吸器関連の症状緩和に役立つ」とMutz氏。

09.
セルライトも撃退!?

両手で太ももをつまんで、ググッと引き寄せると表れるセルライト。あの厄介なボコボコ撃退にも、首裏のツボを氷で冷やすことがワークするといいます。大椎を冷やすことで、胎内の脂肪細胞を刺激し、流すことができるんだとか。

10.
疲労やストレス予防にも

疲労やストレスが、日々の生活にマイナスの影響を与えることはご存知の通り。この問題に対しても、「アイスキューブひとつで対応することを中国医学は推奨している」とまで言ってのけるMutz氏。でも、実践者は疲労もストレスも軽減したという報告があるんだそう。

11.
ひんやり刺激で
気分スッキリ!

この氷をツボにあてる方法、最大のメリットはあなたの気分を向上させてくれることだそう。大椎への刺激による気分の変化が、全身をスッキリさせてくれる、これが健康のうえで何よりも必要な“特効薬”なのだと結んでいます。
寒い時期には注意が必要ですが、気分転換程度と思って試してみては?

Licensed material used with permission by Little Things

関連記事リンク(外部サイト)

「冬季うつ」を防止するために知っておくべき5つの方法
乳ガンと闘った女性の「1年間」をタイムラプスで振り返る
命に関わる!?「9ヶ所の痛み」を今すぐチェック

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP