体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、ライト側・ダーク側を選択するだけでアプリやサービスのテーマが変化するサービスを提供

Google が「スターウォーズ フォースの覚醒」の公開を記念してオープンした特設サイトの操作によって、Google アプリやサービスのテーマカラーを変更できる面白い機能を利用できます。下記特設サイトでユーザーはライト側、またはダーク側を選択できるようになっており、例えば、ダーク側を選択すると、Android Wear のようにテーマカラーが反転するようになっています。この仕組みが備わっているのは、Google カレンダー、Chrome、Gmail、Inbox、Google マップ、Google 検索、Google 翻訳、Waze、YouTube などのアプリです。選択したサイドに応じてアプリやサービスのテーマカラーが変化するというもので、テーマカラーは後から切り替えられるようになっています。Source : Google

■関連記事
Samsung、モバイル決済サービス「Samsung Pay」で8種類のクレジットカード・デビットカードを新たにサポート
米Amazon.comがAcerの8インチAndroidゲーミングタブレット「Predator 8(GT-810)」を発売、日本直送対応で公式よりも割安
Google、Android Studio 2.0のプレビュー版を公開

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。