ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペットボトル加湿器が人気 超音波式の長所と短所を識者解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 乾燥が気になる季節――。風邪やインフルエンザ予防のためにも部屋の湿度を十分に保つことが大切だが、そんな時に活躍するのが加湿器。

 近年は、手軽さやインテリア性に優れたミニ加湿器の種類が増え、主に若い女性たちに人気となっている。とりわけ、ホームセンターや雑貨店の品揃えで一際目につくのが、「ペットボトル加湿器」である。

 ペットボトル加湿器には2種類のタイプがある。水を入れたペットボトルを逆さにして本体に差し込むものと、細長い給水スティックがついた本体をそのままペットボトルの口に装着するものだ。

 電源はパソコンのUSB端子に接続できる商品が多いため、卓上で仕事をしながら作動させることができるほか、家庭用コンセントやクルマのシガーソケットからも電源を取ってくることも可能なため、外出用として持ち歩く人が続出している。

 価格は1000円台の安価なものから、高くても4000円前後で購入できる。どれも本体のデザインがオシャレで、何色ものLEDライトが光る商品があったり、水溶性のアロマを入れてアロマディフューザーとして使えたりと、加湿機能以外の“癒し”効果も得られる。

 では、肝心の加湿性能はどうなのか。IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志氏が解説する。

「ペットボトル加湿器のほとんどが『超音波式』と呼ばれる仕組みで、水を超音波で振動させることで微粒子に変え、空気中に噴出させる方式です。

 この場合、低消費電力ですぐにミストが発生するメリットがある反面、雑菌などで汚染された水でもミスト化してしまうので、衛生面に気を付けなければなりません。

 そうしたデメリットが不安という人には、熱で水を温め蒸気を噴出する『スチーム式』が最適です。ただ、スチーム式は消費電力が高く、熱い湯気が出るので注意が必要です」

 それぞれメリット、デメリットを理解したうえで自分に合ったペットボトル加湿器を選びたいところだ。最後に安蔵氏がお薦めするモデルを4機種紹介しよう。

●アピックス「AHD―090」(4000円)
 タンク式だがペットボトルでも使えるのが魅力。

●トップランド「ボトル加湿器 キューブ」(1380円)
 USB電源さえあればどこでも使える。ペットボトルに挿す方式なので「蒸発皿に雑菌がわく」といった心配がないのも魅力。

●山善「KP―C055W」(3240円)
 スチーム式で衛生面でも安心。アロマポットがついており、アロマの香りも楽しめる。

●スリーアップ「NAGOMIシリーズ」
 かわいらしいデザインが魅力。USB電源かシガーソケットがあればいいので、車載用としても使える。

 もちろん、大型機種に比べて加湿パワーは劣るが、身の回りだけでも潤すことができる点で、今後もペットボトル加湿器は重宝されるアイテムとなるだろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
万が一の冷蔵ワザ ペットボトルで保冷し肉・魚は自然解凍
ペットボトル氷柱を扇風機の前に置く、エアコン節電の裏ワザ
八田亜矢子が「超オイシイ」と驚く手作りバターの簡単レシピ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP