ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

じゅんいちダビッドソン 本田との対面で「似てない」と実感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 まったくひねらないネタ「無回転なぞかけ」など、ACミラン・日本代表FWの本田圭佑選手のネタでブレイクした、じゅんいちダビッドソン(40才)。イタリアで本田選手本人と対面したときの秘話や、本人と似せるため努力などについて語ってもらった。

――今年、本田さんと初めて対面しましたが、どうでしたか?

じゅんいち:緊張しました。今考えると、お会いしてくれる時点で大丈夫なんですけど、でも実際会うとなった当日は「怒られるかもしれない」からスタートするじゃないですか。でも、すごくいいかたで、気さくに喋ってくれました。向こうのマネジャーさんとトレーナさんと4人で会ったんです、カメラが回っていないプライベートですよ。

 ご飯食べようってことで集まったので、レストランのような場所の個室で、3時間くらいお話ししました。ぼくは本田選手と同じメニューを食べて、最後エスプレッソで締めたんですけど。楽しい時間でした。

――どんな話をされました?

じゅんいち:すごく印象に残っているのが、笑いながらでしたけど、ぼくの冠番組ができたら、出演考えますよと言ってくれたことです。だからそれを目標にしています。ただ、本田選手を呼ぶというのもそうですけど、冠を持てたら、それだけでだいぶ嬉しいですよね(笑い)。

 それから、ぼくの携帯の充電がなくなって、帰る場所がわからなくなったんです。それで、本田選手の車で携帯を充電させてもらいました。テレビのインタビューで見るような、しっかりした考えのかたで、本当にいい人でした。

――本田さんと直接お会いして、似てると確信しました? 

じゅんいち:声とか話しかたの雰囲気はそうなのかなと思いましたけど、でも隣に並んだら、そんなに似てなかったですよ(笑い)。元々そっくりさんスタートじゃないので、本当はそんなに似てないんです。それを強引に、雰囲気とネタでごまかしているので。

――髪は、本田さんと同じ美容師さんにお願いしているんですよね。

じゅんいち:最初は話題作りでお願いしたんです。でもその美容師さん、林さんがいいかたで、仲良くなったので、お任せしようと思って通っています。今回本田選手に会えたのは、林さんが繋いでくれたからです。最初のきっかけがどうであれ、美容院に行っていなかったら、本田選手に会えなかったと思います。

――本田さんに似せるためのこだわりとしては、時計を真似したり、サングラスも同じブランドにしたりですよね。

じゅんいち:以前はアメ横で買った、1000円くらいのサングラスでした。でも『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で、「本田選手と同じのを買うのはどうですか?」という提案があったので、いいですよって。ぼく3万円くらいかなと思ったら、6万4000円だったんです。だから大事に家に置こうとかじゃなくて、使いまくってます。サングラスは家に、壊れたのを入れたら20個くらいあるんですけど、やっぱり本物は壊れません(笑い)。

 スーツはオーダーで、スーツ屋さんのおばちゃんに頼んで、本田選手の写真を見せながら寸法を測ってもらって。時計は右腕のは似てると思いますけど、左腕のはイタリアカラーの関係ないのをつけています。

――昨年は準優勝だった『R-1ぐらんぷり』で、今年見事に優勝しましたが、勝因は?

じゅんいち:優勝する気がなかったことですね。ネタは2本できればいいかな、というくらいのテンションで挑んだので、肩の力が抜けていたのかもしれないです。

――賞金500万円は、もう使いましたか?

じゅんいち:結婚式でも一部使ったんですけど、実はミラノで単独ライブをするので、その資金にします。現地の日本人もいるでしょうし、イタリアのかたも見に来ていただけるということで、どちらも笑えるようなネタを作って挑戦してみようかなと思っています。

――本田さんだと間違われることは多い?

じゅんいち:今はぼくの知名度が上がってくれたので、じゅんいちダビッドソンだと気づかれることが多いんですけど。でも地方にロケに行って、おばあちゃんが本田選手だと勘違いしているな、ということは時々あります。

――ミラノでは本田さんとかなり間違われたそうですね。

じゅんいち:欧米の人から見たら日本人は似たように見えるじゃないですか。その中で、金髪の白スーツでいたので、完全に本物だと思っていたと思いますね。インテルファンの人も好意的でしたよ。「本田!」って声をかけてくれたり、写真を撮ろうと言われるので、オッケーって。違うとも言えず(笑い)。

――本田選手が引退したら、真似を辞めますか? 

じゅんいち:本田さんが引退したら、芸能界を辞めて小学校くらいのサッカーチームを買収して、そこのオーナーになります。……いやいや、冗談ですよ(笑い)。でも、サッカーチームのオーナーになるのは、面白いなと思っています。

【じゅんいちダビッドソン】
1975年2月4日生まれ。兵庫県出身。1998年にデビュー。いくつかのコンビを経て、2011年よりピン芸人に。2013年から始めた、サッカー選手の本田圭佑の物真似ネタで人気に。『R-1ぐらんぷり』(フジテレビ系)2014 決勝進出、2015 優勝。12月1日に杉並区の座・高円寺2にて単独ライブ予定。

撮影■林紘輝


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
じゅんいちダビッドソン 売れない時代、半年間、倉庫暮らし
本田圭佑モノマネのじゅんいちダビットソンが勧めるビール
年間2000万円とされる本田担当の美容師「彼は人情に厚い人」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP