ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「疲れ顔」に悩むはあちゅう 顔ヨガ体験し筋肉の使い方実感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最新刊『日めくり まいにち、顔ヨガ!』が話題の顔ヨガ講師・間々田佳子さんが、女性の顔のお悩みを顔ヨガで解決。今回、相談したのは美容に詳しい人気ブロガーで作家・はあちゅうさん(29才)だ。

「最近、テレビに出る度にネットに“顔が疲れてる”と書かれてしまいます。無表情で笑顔が少ないことは自覚していたのですが、顔ヨガで疲れ顔を克服して表情も豊かに見せる方法はありますか?」というはあちゅうさん。

 間々田さんが「最近は、パソコンやスマホの影響もあって、20代でも40代に見える人がいます」と話すと、「まさに、私…(汗)」。画面を見ている間は、顔の筋肉は使っていない。次第に筋肉が衰えて垂れ、硬くなってたるむ。結果、疲れ顔に見えるのだ。

 まず、筋肉を伸縮させ血液の流れを促すウォーミングアップで顔のむくみとり。間々田さんの“変顔”に圧倒されながらも、数回繰り返すと「ほっぺがポカポカしてきた」とはあちゅうさん。

 疲れ目や充血もスッキリさせる「ギョロ目プッシュ」や頬のリフトアップをする「おだんごロック」などを体験。ふだんあまり表情を動かしていないはあちゅうさんは、ポーズと格闘し顔の筋肉が動かせるようになったと実感。

 そして、芸能人のフェイスラインを一瞬で引き上げた話題の「こめかみストレッチ」。片側をやって即チェック。「すごい! やった方だけ上がってる!」と驚くはあちゅうさんに、「生放送の前はこのポーズを」と間々田さん。

 約30分の体験を終え、はあちゅうさんはこう感想を語った。

「初めて意識して顔を動かしましたが、一瞬で変わるなんて思っていませんでした。新鮮だったのは、“自然な笑顔はあごの力を抜く”ということ。笑顔なんて、身に付いた表情だから直せないと思っていたのに、筋肉の使い方で変わるんですね。筋肉のクセが“今の自分の顔”。初めて知りました!

 いつも同じ笑顔で撮影してましたが、今後はいろんな笑顔ができそうです。テレビや講演会の前には顔ヨガをやって、もう疲れ顔とは言わせません! 顔ヨガを学んで人生の大きなプラスになりました」

 はあちゅうさんが実際に体験した顔ヨガのポーズをひとつ紹介しよう。

【ギョロ目プッシュ】

両手を額に重ね、額が動かないようにしっかりブロック。目を飛び出しそうなくらい大きく開く。10秒×3回。

撮影■林紘輝、浦川一憲

※女性セブン2015年12月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
1回10秒で若顔になる顔ヨガ体験したバービー 前後の写真紹介
素肌をキレイに見せるコツ「表情筋を動かし笑顔を」と専門家
若返りを図る「顔ヨガ」 早ければやった翌日に効果発揮も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。