ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鈴木福クンと芦田愛菜チャン お母さんに怒られる?に回答

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今や、国民的子役スターである鈴木福クン(11才)と芦田愛菜チャン(11才)。ふたりが、映画『I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE』(12月4日よりTOHOシネマズ、スカラ座他にて公開)で大好きなスヌーピーと声で共演! 百戦錬磨の私もプロフェッショナルのオーラを放つふたりを前にタジタジに…。ママ記者代表として素顔にどこまで迫れるか――?

(取材・文・活動屋映子)

 品がよくて、見るからに良い子たち。

――お母さんに怒られることなんてないでしょ?

愛菜チャン:毎日、怒られてますよ(笑い)。私はあわてん坊なので、もう少し落ち着きなさいって、言われます。かなりおっちょこちょいなんです。忘れ物はあまりしないほうだけど、たまに抜けちゃう。連絡帳に書き忘れて持って行くのを忘れたり。結局、ちゃんと黒板を見ていなかった、みたいな(汗)。友達にはマイペースって言われてます。

 やだぁ~いきなり親近感大! 私と同じところがあったのね(涙)。

福クン:ぼくも愛菜チャンと一緒で、いつも怒られてるよ。早く宿題やりなさい、早く寝なさいって。ぼくはけっこう、のんびり屋さんで、朝は本当に起きるのがつらいんだけど、夜は全然平気。ほんのたまにしか眠くならないんです。

 これまた私と同じじゃない! と思わず喜びの声を上げると、ふたりはキャッキャと笑っている。

愛菜チャン:でも、思ったんですけど、“11才になったんだから、1人でできるでしょ”とか、お母さんに言われたあとに、“まだ、子供なんだから早く寝なさい”とか言われて、もうどっちなの~って思っちゃう。

 ギクッ。大人って矛盾しているよね(汗)。言葉につまると笑っているふたり。

――最後に、映画のいちばんのおすすめをおしえてください!

福クン:チャーリー・ブラウンとスヌーピーたちの友情や、スヌーピーのアドベンチャーがすごい迫力なので、それが3Dで見られるから楽しみにしてほしいです!」

愛菜チャン:私も同じだけど、スヌーピーに、ずっと一緒にいてほしいので、そういう友情を見てほしい。それと、3Dならではのもふもふのスヌーピーを見てもらいたいな。本当に、ぎゅーって抱きしめたくなるくらいかわいいんです!

 大好きなスヌーピーと一緒の撮影では、本当にうれしそうにぎゅーっと抱きしめていた愛菜チャンと、「ちょっと重いね。背も同じくらいだ」と言いながら(ちなみに、ふたりとも身長は137cmくらいとか)、しっかりスヌーピーを抱っこしていた福クン。

 しかし、ふたりは11才。そろそろ反抗期もくるのかな? 計り知れない伸びしろに脅威を覚えつつ、いつまでもかわいい子役でいてほしいと思う、映子でした。

撮影■矢口和也

※女性セブン2015年12月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
鈴木福、芦田愛菜らスヌーピー映画の声優子役の楽しげな表情
鈴木福&芦田愛菜 大好きなスヌーピーについて語り合う
『マルモのおきて』芦田愛菜ら子役2人が流す涙は「自前」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。