ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

草野仁氏 ジャーナリズム精神伝授してくれた上司の殺し文句

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 どんな大物だろうと天才だろうと、人生の中では思い悩み苦しむことがあった。そんな時に光を照らし道を示してくれた恩師の思い出は、今も色鮮やかに心に刻まれている。アナウンサーの草野仁氏(71)が、そんな恩師へ感謝の言葉を語る。

 * * *
 NHKを受けた当時の私は報道記者志望でしたが、なぜか採用はアナウンサー。それでも報道への憧れが強く、他のアナウンサーに比べて自ら取材する機会が多いスポーツアナを目指すことにしたのです。

 その頃のお手本であり、私の恩師がプロ野球やオリンピックの実況で活躍された先輩アナの羽佐間正雄さんです。

 羽佐間さんは膨大な時間をかけて取材し集めたデータを分析して、それを実況に活かす。そのジャーナリスティックな姿勢は単なる表現者としてのアナウンサーの枠を超えるもので、私の理想像でした。

 入社3年目のとき、私は福岡放送局に異動になったのですが、なんと羽佐間さんも管理職のチーフアナとして赴任し、直属の上司になりました。

「お前を育てるために俺は福岡にきた」と、おっしゃる。嬉しいと同時に「しっかりしなきゃ」と身が引き締まる“殺し文句”でした。

 そのころ、「黒い霧事件」後に弱体化した西鉄ライオンズを、彼は実況で応援したいと思っていた。スキャンダルで離れた地元ファンの心を取り戻すために選手や球団関係者、解説者にベッタリ張り付いて“密着取材”していた。だから芯を喰った、解説者と対等に渡り合えるような実況ができたのでしょう。

 羽佐間さんの教えはNHKを退社した後にも生きました。私がNHKを退社した後、1993年から情報番組『ザ・ワイド』(日本テレビ系)のキャスターを務め始めた頃に、松本サリン事件が起きた。

 各局が薬学の専門家をコメンテーターとして呼んでいることに私は「核心を突いていない」と感じ、こちらはアメリカから化学兵器の専門家を番組に招いた。彼の綿密な分析で、『ザ・ワイド』が他を圧倒する視聴率を獲得できました。

 アナウンサーは職人気質だから後継者を育てる方は少ないですが、羽佐間さんは部下を育てることを大切にされた。薫陶を受けた私や、かつての教え子たちで羽佐間さんを囲んで、今でもたまに集まるんですよ。

●くさの・ひとし/旧・満州国新京(現・中国吉林省長春)生まれ。1967年アナウンサーとしてNHKに入社後、1985年退職。現在はフリーとして活躍している。

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
水嶋ヒロの姉は「キレイなお姉さん」だった
NHK・有働由美子アナ 理事待遇エグゼクティブアナに昇進か
草野仁氏 思い出の女子アナは野際陽子さんと下重暁子さん

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP