ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「寝る・座る・立つ」どんな体制でも仕事できるデスク

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デスクにあるボタンをポチっと押せば…、

スタンディングデスクから
座席へと変換

そのまま仰向けになれる!

なんだか歯医者さんに行った時に案内される診察台みたいですが、ディスプレイやラップトップを固定できるフレームがあり、デスクにはキーボードやマウスが磁力でくっつく仕様に。そのため、視線は一切ブレずに体制だけを変えられます。

人間工学に基づいてデザインされており、座り心地はとても良いそう。開発した「Artwork」社は"宙に浮いてるようで最高に快適"と表現しています。長時間のデスクワークが必要なエンジニアに向けて設計されたものとあってその点にはこだわりが。

幾つかカラーバリエーションがあり、お値段は5,900ドル(約73万円)を予定。「TNW News」によれば、シリコンバレーの人々に結構売れているのだとか。

今なら、事前予約で最大2,000ドルの割引きが受けられ、3,900ドル(約48万円)で購入出来ます(2015年11月23日時点)。デスクの買い替えを検討している人は、候補として検討してみては?

Licensed material used with permission by Altwork
Reference:TNW News

関連記事リンク(外部サイト)

おもちゃの釣竿にかかったのは、とんでもない大物だった!(動画あり)
【女性必見】圧倒的に「疲れにくい」ヒールが誕生!(動画あり)
白昼のバンコクで撮影された「流れ星」がすごい(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP