ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

各地の次世代アイドルが集った「ミナミアイドルフェスティバル11.22」が大盛況!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

次世代アイドルパビリオン「ミナミアイドルフェスティバル11.22」が大阪ミナミのなんばグランド花月下にある劇場「YES THEATER」にて行なわれた。

今回も関西だけじゃなく、各所から次に来るであろうアイドルが参戦したミナミアイドルフェスティバル。このイベントの定番となっているニコ生放送、口パクライブもロビーにてMCのつぼみから杉山優華、水森依音を中心にスタート! オープン前にもかかわらず、ロビーは各アイドルのパフォーマンスで早くもヒートアップ。ニコ生も大盛況のうちに終了した。

そして14:00からは総勢16組、約6時間に及ぶライブイベントがスタート。トップバッターのRose&Rosaryは、ミナミアイドルフェスティバル初のバンド編成。ハード&エッジなギターとうねるベースの中で美しい歌声を披露し、しょっぱなから会場をあげあげ状態に! 2番手のアンドクレイジーは、前回に引き続きの登場。12月にはCDのリリースも控え、観客を巻き込む素晴らしいステージを披露。3番手は煌めき☆アンフォレット。初の大阪ライブにも関わらず、他のアイドルに引けを取らないステージを展開。4番手の閑歳絵里菜は14歳のソロアイドルながら堂々としたステージングを見せつけた。5番手はあぃ●かちゅ。ユニット名どおりのラブリーなパフォーマンスが印象的だ。6番手はおやゆびプリンセス。激しいダンスが印象的な石川のアイドル! 7番手のCANDY GO!GO!はM.I.F初登場。来年メジャーデビューということもあり、大迫力のステージを展開した。8番手のGINGANEKOは“ネコ耳”のかわいいユニットで、衣装も印象的だ。9番手の〜アイドル歌劇団〜インフローレ女学院は若さあふれるステージを披露し、10番手のメリアブーケはメンバーの体調不良により“高橋ありさ”一人での参戦。しかしながら白の印象的な衣装が美しく、会場を歌声とともに魅了していた。

来たる11番手はポンバシwktkメイツ。常連組の登場にYESTHEATERもヒートアップ! 貫禄のステージを繰り広げた。12番手のまりえ(34)は大人の色気(?)たっぷりのチャイナ服で登場! 1曲目の「パジャマクエスト」の24bit的音楽アプローチには驚いた。13番手のミライスカートは京都の「ハンナリ感」を醸し出しながらも、会場を総立ちにさせ、14番手のFlying Mermaidはミライスカートとは相対的に「キレキレ」のダンスを披露。15番手のTAKENOYAMA24はアイドルの王道POPを聞かせてくれた。

そして、大トリはよしもと発 めっちゃおもしろいアイドル・つぼみ! しかも面白いだけでなく、ダンス、歌唱力ともに抜群で最後に会場を一体化させ、イベントを華やかに締めくくった。

約6時間、出演総数16組で行なわれた関西から全国に発信していく次世代アイドルパビリオン「ミナミアイドルフェスティバル」。今回も多くのファンとたくさんのアイドルとが共にミナミの街を盛り上げた。

次回の公演は12月26日、チケットは11月28日から発売。出演者は随時オフィシャルfacebook Page、TWITTERで発表していくのでこちらもお楽しみに!

※●は白抜きのハートマーク

『ミナミアイドルフェスティバル12.26』
12月26日(土) YES THEATER
開場13:30 / 開演14:00 ※終演時間20時頃予定
出演予定:後日HP、ツイッターにて発表
<チケット>
■料金
¥2,000 (税込)
※前売り、当日共に同額
■一般発売日
11月28日(土)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP