ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NASAが発表!「生存圏」は1年間でこんなにも変化している。(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年11月、NASAが衛星から得た観測データを元に、植物が年間を通してどう移り変わっていくのかを可視化したアニメーションを公開しました。そこでは、地上にある植物の密集度や、海に浮かぶ植物プランクトン(珪藻など)の濃度が確認できます。

上に紹介した動画は、特定の年の変化を記録したものではなく、数年分のデータを元に一年をとおして移り変わる周期的な変化を再現したもの。グレーの部分は、雲や氷などの影響により観測できていない部分だとか。

その他にもグラフが公開されており、2000年から2015年にかけて、海面水温一酸化炭素放射線などがどう変化していったのかがわかるようになっています。

NASAによる9月の発表によれば、海面の気温が上がったことで北太平洋の植物プランクトンが大幅に減少。そのため、海中の二酸化炭素を光合成で分解しきれず、さらに温暖化が進んでいるのだそう。

海洋学者のセシル・ルソー博士は、植物プランクトン「珪藻」の減少について深刻ではないと発言してはいるものの、今後の気候変動を観測していくための重要な指標のひとつだと見解を述べました。

Reference:Carbon Brief,NASA Earth Observatory,NASA
Top Photo by NASA's Goddard Space Flight Center

関連記事リンク(外部サイト)

NASAが追跡!海に浮かぶゴミが集まる場所とは?
オオカミを放った国立公園で、20年後に「すごいこと」が起こった
タバコのポイ捨てを、劇的に減らした「看板」。その斬新すぎる仕掛けとは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP