ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【閲覧注意】 隠し撮りで明らかになった、豚肉処理現場のリアル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されているはずの行為が映し出されていたから。

※以下の記事内には目を覆いたくなるシーンが登場します。ご注意ください。

豚肉殺処分現場の実態に
カメラが潜入

現在、アメリカ全土では1時間におよそ1,300匹の豚が食肉へと処理されています。米国農務省(USDA)が定めた法律では、“痛みを感じない”よう、殺処分される家畜の処理は、完全に失神した状態で行うことが義務付けられているんだそう。
ところが、人為的ミスとは到底思えない、意図的な作業も中にはある。と動画投稿に踏み切った愛護団体「Compassion Over Killing」は主張します。彼らのこの言葉を裏付ける、現場の様子が収められたこの動画。作業員からは、こんなコメントが。

「今のは間違いなく生きていたと思うよ」

ワイヤーで宙づりに吊るされて移動するこの豚は、頭を前後に動かしていることが、素人目にも確認できます。

高速処理化の“功罪”
米政府も本格調査へ

「これがUSDAにバレたら、すぐに工場は閉鎖だろうね」。作業員の一人は、潜入取材した愛護団体スタッフにこう話しています。

実はここは、USDA管轄下にある5つの処理場のうちの1施設。政府がモデルケースとして「柔軟でより効率的な完全にオペレーティブな処理」を実現するため、専任の監視員が品質管理と安全面を監視しているはず。
ところが、それが機能していないばかりか、逆に政府の監視の目が緩み、高速処理を優先するあまり理想とはかけ離れた作業が横行してしまっているのではないかと、愛護団体は指摘します。

「ビデオの残忍な行為は看過できず、絶対に許されるものではありません。映像の信憑性を実証した上で、徹底的に調査し適切な処置を行う必要があります」

と、USDAスポークスマンのAdamTarr氏は、「Washington Post」にコメントを寄せました。全米でも有数な大型処理施設の実態を受け、重大な懸念を表明した米政府。動画(未編集版は97分)の事実を受け、本格的な調査開始に動き出しているようです。

 Reference:Washington Post , Daily Mail
Licensed material used with permission by Compassion Over Killing

関連記事リンク(外部サイト)

ロシアから北朝鮮まで。国ごとの「正義」を描いた風刺イラストに考えさせられる
【閲覧注意】ある議員が目撃した、犬の殺処分現場。
「英語を話したい学生」と「お喋りしたいお年寄り」をマッチングする英会話サービス

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP