ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

田原俊彦が22年ぶりの快挙達成 全国各地に潜在的ファン多数

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 11月23日付のオリコンウィークリーチャートで、田原俊彦(54)の新曲『TRUE LOVE ~約束の歌~』が26位にランクインした。田原のシングルが4作連続で30位以内に入るのはジャニーズ事務所独立以降初めてのことで、1992年の『思い出に負けない』、『雨が叫んでいる』、1993年『ダンシング・ビースト』、『KISSで女は薔薇になる』以来22年ぶり。当時の田原は毎年ドラマに主演し、CMに何本も出演するなど押しも押されもせぬ超トップスターだった。

 自身初のウェディングソングとなった新曲は、本人が「(シングルで)10曲あるかないか」というバラード。この曲を完全に自分のものにできるかが、これからの歌手・田原俊彦にとっては勝負所でもある。

 11月11日には、東京・お台場ヴィーナスフォート教会広場で、同曲の発売記念握手会を行った。白いタキシード姿で現れた田原は1曲目に、連続ドラマ『ラジオびんびん物語』(フジテレビ系)の主題歌『どうする?』を選択。ステージの一番前まで歩み寄ると、歌詞に合わせてファンと握手をしたり、ムーンウォークを披露したりするなど、会場を熱狂させた。その後、新曲『TRUE LOVE ~約束の歌~』を高らかに歌い上げると、ファンは手と手を合わせて優しい眼差しで見守っていた。田原は囲み会見で、次のようにファンへの感謝の気持ちを述べた。

「こうやって集まってくれたファンの方がいるから頑張れる。永遠にね、そういう関係でありたいなと思いますね。僕は(ファンと)永遠に『TRUE LOVE』ですから。みんなに愛を届けられるようにね」

 来年2月に55歳を迎える田原は、今もコンサートで2時間歌って踊り続けている。この年齢でそうしたパフォーマンスを続けていること自体、驚異的だ。一方で、10月16日の東京・中野サンプラザ公演で、「歌うことはできると思うけど、踊ることはいつまでできるかわからない」と話したように、10年後も変わらず踊れているかは未知の領域だ。

 これまでも、前出の『どうする?』やドラマ『逃亡者』(フジテレビ系)の主題歌『雨が叫んでいる』、『愛しすぎて』、『さらば…夏』などバラードでのヒット曲は持っているものの、田原と言えば『抱きしめてTONIGHT』に代表されるように、ダンサブルな曲のイメージが強い。そのなかで、50代の田原にとって、今作のようなバラードでのヒット曲は是非とも欲しいところだろう。

 握手会では、ターンをしながら握手をしたり、全身白で決めたマイケル・ジャクソン風の衣装を着た子供と一緒にムーンウォークをしたりと、相変わらずのサービス精神で盛り上げ、最後は五郎丸ポーズを見せながら、会場を後にした。

 14、15日にも新曲発表会で香川、広島、大阪、愛知と精力的に各地を回り、どの会場も溢れんばかりの人が集まった。芸能記者が話す。

「どのアーティストでもそうですが、7000円前後の料金が掛かってしまうコンサートにはどうしてもファン以外の人は集めにくい。でも、知名度抜群の田原さんの場合、新曲発表会のたびに、潜在的なファンの多さを痛感します。

 CDを1枚買えば参加できる握手会は人だかりになりますからね。これから、新たなファンや昔のファンをコンサートに足を運ばせるためには、夏の野外音楽フェスティバルのような“他流試合”に挑むのもいいと思います。ほかの歌手やファンなど普段触れ合わない層と交流することは、いろんな相乗効果を生むはずです」


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
田原俊彦 松田聖子との「チューだけ」発言の裏に爆笑問題?
田原俊彦 握手会でダンスをしながらファンに声をかける神対応
『テラスハウス』出演の5人がトークショーと握手会を展開する

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP