ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

蛭子能収も診断された「MCI」 歩行速度が遅く歩幅狭くなる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 漫画家でタレントの蛭子能収(68才)はある時から物忘れがひどくなり、孫や息子の嫁、マネジャーの名前が出てこず、前の日に食べた夕食が思い出せなくなった。

 そんな頃にあるテレビ番組の企画で医師の診断を受けると、MCI(軽度認知障害)と診断された。MCIとは、記憶力や注意力といった脳の認知機能が正常より低下しているが、認知症のレベルには至っていないグレーゾーンを指す。

 MCIは老化による物忘れとの区別が難しい。蛭子さんのケースのように認知機能が低下しても、判断力や方向感覚には問題がなく、日常生活に不自由がないどころか、仕事にも大きな支障をきたさないと、なかなか気づくことができない。

 さらに認知症と違い、脳の画像や血流量からは診断できないことも難点だ。そんなMCIをどうしたら発見できるのか。認知症予防の第一人者で、日本認知症予防学会理事長の浦上克哉鳥取大学医学部教授はこう語る。

「女性の場合は『料理』をする場面に注目してください。料理は複雑な作業を同時進行で行うため、『脳内ネットワーク』の衰えの影響が出やすいんです。

 たとえば、いつもと味が変わってきたら、何か手順を忘れていたり、何度も同じ調味料で味付けをしていることが考えられます。また、レパートリーが減ったり、家にあるのに同じ食材を買ってきてしまったり、水を出しっぱなしにすることが多くなったりしたら、MCIが疑われます」(浦上教授)

 米・ニューヨーク州のイェシバ大学の研究チームは、世界17か国の「認知症ではない60才以上の男女」約2万7000人を対象に調査した。その結果、MCIの人は歩行速度が遅く、歩幅が狭くなることが明らかになった。

 歩くという行為はとても単純そうに思えるが、実は「脳内ネットワーク」をフル活用している。視覚で周囲を捉え、状況を理解し、障害物がないか、地面に段差はないかなどを判断し、リズミカルに足を出すことが求められる。脳内ネットワークが衰えると、それがスムーズにいかなくなる。

 1分あたりの歩行距離がおおよそ60mになると「遅い」と判定されて認知機能低下のリスクが高まり、1分あたり36mになると「明らかに異常」とされるという。

 よく不動産物件の広告に使われる「徒歩○分」は、「1分あたり80m」で計算されるというから、「駅から徒歩5分」の物件に7分かかると「遅い」、12分以上だと「明らかに異常」となる。

 最近では、画期的なMCI検査法『MCIスクリーニング検査』がバイオベンチャー企業MCBI社によって開発された。

「昨年7月から検査を開始しました。検査方法は被験者から採血した7ccの血液を2週間ほどかけて分析し、80%の精度でMCI発症のリスクを判定します。一度の採血ですむので体への負担が少ないことが特徴です。50~60代の検査希望者が多く、保険適用外なので費用は2万~3万円です。現在、全国約700か所の医療施設で検査を受けることができます」(MCBI社担当者)

※女性セブン2015年12月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
老母の家が認知症でゴミ屋敷化 子が問題解決までを綴った本
発症まで約20年のアルツハイマー型認知症 40代から予防必要
認知症 「MCI」段階で早期診断できれば発症を防ぎ後戻り可

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。