ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自撮りメガ盛り見分ける方法 鏡、キラ目、飛ばしがポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 20人に1人は毎日自撮りしているという調査結果があるように、インターネット、とくにSNSで自撮りに遭遇しないことはまずない。自撮りでない写真に対してはわざわざ「他撮り」のハッシュタグをつけて投稿するほど、写真といえば自撮りが常識になりつつある。

「若ければ若いほど自撮りに抵抗ありません」とSNSコミュニケーションに詳しいITジャーナリストの高橋暁子さんはいう。

「とくに女の子はかわいく、きれいに見られるための時間も手間も惜しみません。奇跡の一枚を求めて100枚以上、スマホで自撮りを続け、アプリで美白や目を加工して、とにかくかわいい写真をアップロードします。ネットで『カワイイ』と反応してもらえることが重要なので、実際の自分と違う姿になってもいいんです」

 自撮りが当たり前の人たちは、写真を見るだけで自撮りか否か、さらに盛っているか否かはだいたい判別がつくという。「盛っている」とはこの場合、写真にカワイイ加工を施すことを言う。しかし、判別のテクニックを持たなければ、実物と違いすぎると驚くことも珍しくない。普通の人から見ると「メガ盛り」で別人と思うことも。ショックを受けないために、盛った自撮り写真を判別するコツを紹介しよう。

●鏡写真になっている
 雰囲気のいい写真だけど、どこか奇妙。よく見たら、写真に写り込んでいる看板等の文字が反転した鏡文字になっていることがよくある。これは自撮りする人に圧倒的な人気を誇るカメラアプリ「カメラ360」や「B612」の設定が、インカメラで撮影すると必ず鏡写真になるからだ。鏡写真にならないよう設定を変更できるが、多くの人がそのままだ。なぜ反転させたままにするのか。

「予想通りの顔にできるからです。メイクするとき、鏡を見ながら自分の顔の見え方をなんとなく確認していて、こういう表情にすればカワイイ、と女の子だったら誰でも考えていると思う。でも、実際に写真を撮ると、なんか違うということも多くて。でも鏡と同じように写るアプリのおかげで問題解決です。文字を読むために写真を見るわけじゃないから、反転したっていいじゃないですか」(都内の女子大学生)

 鏡に映ったときのかわいい自分をそのまま再現できると評判のアプリは、どれも自動的にソフトフォーカスをかけ、自動的に肌色の修正をかけてくれる。だから反転した文字が写るなど鏡写真になっている写真を見かけたら、被写体本人と会ったときギャップがあるのは当然と心しておこう。

●黒目が大きく輝いている
 若い女性のあいだでカラコン(カラーコンタクトレンズ)が珍しくなくなっているのは、多くの人が知るところだろう。しかしカラコンを使わずとも、スマホアプリで簡単に黒目を大きく印象的な目もとへとキラ目加工ができる。「Beauty Plus」はプリクラのような加工が可能だと人気だし、「女神カメラ」は自然に瞳に光を入れられると評判だ。

「プリクラ加工までやっちゃうのは恥ずかしいけれど、黒目にいい感じに光を入れる写真は大好き。わざとらしくないでしょう? 友だちからも『カワイイ』て言ってもらいやすい。キラ目加工はみんなやってますよ」(首都圏の女子高校生)

 キラ目の場合、写真アプリでの操作以外に前述のようなカラコンの可能性もあるのだが、どちらにしても写真と本人の食い違いは小さくない。本人と会ったときに別人に見えても、露骨に驚かない心構えをしておこう。

●画面明るく飛ばす
 女性(最近は若い男性にも多いが)のポートレートで目立つのは、ななめ上からのアングルだ。そのほうがほっそりした輪郭の小顔に見えるからだが、同じななめ上アングルでも妙に明るい写真がある。それは、撮影者が奇跡の一瞬を探して時間をかけ、もっとも写真が明るくなる角度で撮っているからだ。

「自撮りをするときは、イチバン光が多く当たる角度を探して、同じ場所をくるくる回りながら撮ります。メンバーが集まるとみんなでスマホを持ってくるくる回ってます。5分や10分は当たり前です。アイドルじゃなくても、自撮りが好きな子はみんなやるんじゃないですか。たとえ普段の自分の印象と違う写真になってもいいんですよ。だって自撮りなんだから」(グループに所属する地下アイドル)

 自撮り棒やスマホにとりつける広角レンズが人気を集めているのは、腕を伸ばしただけでは不可能な角度で、まるでライティングしたように光を当てた写真が撮りたいからだ。その、妙に明るい写真を見て、本人の印象と違うと落胆しても始まらない。自撮りは、最初から再現性を求めて撮影されたものではないからだ。

 十代を対象とした写真についての調査によれば、自撮りのほうが人に撮ってもらう写真より好きだという人が半数を超えている。自分の思うように写り方をコントロールできるからだ。それでも違っていて当然の自撮り写真にだまされたくない人は、自撮りか他撮りかを判別する目を養って自衛するしかないだろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自撮り写真を送ってくる「セルフィー男子」に女性の不満続出
自撮り棒ブーム 「仲間でない人に撮影頼むの煩わしいから」
FBでモテまくりの自撮り詐欺妻に夫「化けの皮はがされろ!」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。