ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhone6を非接触充電にしたくて、Qi規格充電器とワイアレス充電対応ケースを購入してみた

  • ガジェット通信を≫


Qi (ワイヤレス給電)という規格があります。コイルとコイルの間で無線送電できる規格です。Qi (ワイヤレス給電)をするには送信側と受信側に対応が必要です。最近は多くのスマートフォンに採用されています。

Qi 対応のスマートフォンであれば、Qi規格充電器があればワイアレス充電できます。iPhone系はQiに対応していません。

iPhone6を非接触充電にしたくて、Qi規格充電器とワイアレス充電対応ケースを購入して見ました。だってケーブルの抜き差しせずに充電できたら楽ですから。

まずケースから紹介します。見た目は普通の保護ケースです。

中に受信するコイルが内蔵してあるのでしょう。

充電用のライトニングコネクタが外したりできます。同期や外付けバッテリーなど利用したい時に、このコネクタを外せば、普通の接続での充電もできます。DC5V 600mAと記述があり、ちょっと低め(充電に時間がかかりそう)なので心配です。

充電器はこちら。USB接続で利用します。この上にのせて充電します。

裏面を見ると5V1Aです。Qi規格というのが低出力なのかもしれません。ちなみに2A以上あると急速充電に対応です。1分で1%ぐらい充電できるなら急速充電です。充電器側が1Aしかなく、ケース側が0.6Aですから、相当時間がかかりそうです。

こうやって重ねることで充電ができます。

実際にケースを装着しました。充電用のコネクタはこんな感じです。はじめだけライトニングの対応機器ではないと注意が表示されました。MFi認証を取得していないのでしょう。Qi規格に対応していないのでMFi認証もクソもないのかもしれません。

キャップのように差し込むことができます。ちょっと固めです。

持ち心地は、なかなか良いです。さらさらとしたラバーコーティングが施されています。また薄く普通のゴムタイプっぽいケースという感じです。

ボタン周りも特に気になりません。普通です。

カメラ周りも特筆ありません。

実際に充電してみます。

5分間で何%充電できるかテストです。純正のライトニングケーブルで、5V 2.4Aで充電した場合は、5分で5~6%充電されます。

スタートは42%です。

充電中です。

約5分後(撮影したら6分後)で、2%充電できました。つまり5V2.4Aの急速充電の半分から1/3ぐらいの速度で充電されました。

ワイアレスですごく簡単というメリットと、普通にケーブルで充電すれば、半分ぐらいの時間で充電できるデメリットをどう考えるか難しいところです。

充電キャップを外して、ライトニングケーブルで充電もできますが、そうすると外す作業が2倍です。

日常でiPhone6を卓上に長く置いておく人には最適ですが、常に持ち歩く人にはお勧めできない商品と言えます。

数日使ってみた感想

撮影前に数日使ってみました。充電の遅さはあまり気になりません。置いとけば充電されるので、その点は楽です。むしろライトニングケーブルで充電するときは、充電忘れがあり、急いで充電することが多かったです。ほんのり発熱しますが、気になるほどではありません。

充電キャップがあるために、外出先での充電や、ライトニングケーブルを接続する際に、イラっとすることがあります。

やはりオフィスワークが多い人は、意外と便利かもしれません。持ち運びが多い場合は、充電バッテリーと通常のライトニングケーブルで充電したほうが簡単そうです。

無線充電は一部では便利なので、iPhone7でぜひ対応してもらいたい機能です。

レビューしたのはこちらの商品です。


カテゴリー : デジタル・IT タグ :
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP