ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

名前の読み方に制限はある?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 最近、「キラキラネーム」や「DQNネーム」などと言われ、名前に用いる感じに対して通常では考えられない読み方をする名前が増えています。

 さて、法律上名前の読み方になにか制限はあるでしょうか?

(1)制限はある
(2)制限はない

A.

正解(2)制限はない

 戸籍法50条1項では、「子の名には、常用平易な文字を用いなければならない。」と規定されるに留まっています。そのため、漢字の読み方をどうするかは親の自由となっています。

 そのため「火星」と書いて「じゅぴたー」「まあず」なんて読ませることも可能ではあります。

 もっとも、子どもの名前は一生背負っていくものです。よみがなを振らなければ絶対に読めないキラキラネームはいかがなものかと思われます。

元記事

名前の読み方に制限はある?

関連情報

マイナンバー制度って何?(1)(今週の話題 ~法律はこう斬る!)
祖父母と孫が同一戸籍になることはない?(法律クイズ)
胎児の段階から養育費のことを決められるでしょうか?(なっとく法律相談)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP