ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

伸び悩む日本の英語力は30〜40代にあり!これから何に取り組む?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2015年11月11日に日本で発表された世界最大の英語能力指数「EF EPI 2015」のレポートによると、過去5年間、日本の英語力は、ほぼ横ばいであり、伸び悩んでいることがわかりました。

「英語が必要だ」というメッセージや「どうしたら効率よく英語を習得できるか」といった言葉を聞くことが増えているのにもかかわらず、なぜこのような状況になっているのでしょうか? そしてどうすれば、日本の英語力はもっと伸びるのでしょう…。

そこで今回は「EF EPI 2015」のレポート内で発表された「日本国内の英語力」をもとに、今、日本が取り組むべきことについて考えてみたいと思います。

EF-EPI1-compressor

最も英語力が高いのは21〜25歳

「EF EPI 2015」で発表された日本人の年齢層別英語能力を見てみると、女性の英語能力は21〜25歳層が最も高く、また男性の英語能力は18〜20歳層が最も高いとわかりました。また、年齢層が上がるにつれて、男女ともに英語能力が低くなる傾向があります。この結果から読み取れるのは、日本全体の英語力を伸ばすためには、特に中間層(30代、40代層)の英語能力を強化しなければならないということです。

今の大学生や若手社会人層は、将来キャリアを伸ばす上で英語力が必要になると考え、30代、40代層よりも英語に触れる機会を意図的に増やす人も多くいます。ですが現在の30代、40代層は、英語力がなくてもなんとかビジネスを進めることができた層であるため、英語に対する意識が低いのかもしれません。

しかし今では時代が変わり、グローバル市場での成果が求められ、中堅層でも英語力を身に付けておく重要性が増しています。今後、日本企業全体のグローバル化が進めば、中堅層にも高い英語力が求められるかもしれません。

EF-EPI2compressor

英語力の地方格差!最下位は東北

都道府県別で英語力を比較すると、国内でも地域によって能力差があるとわかりました。第1位は関東(EF EPIスコア 56.60)、続いて、第2位は関西(EF EPIスコア 55.06)、そして第3位は北海道、それ以降は、九州、中部、中国、東北(EF EPIスコア 51.74)という順になっています。

つまり日本の英語力を底上げるためには、都心部だけでなく地方の英語能力を向上させる必要があるということです。そのためには何をすべきでしょうか。例えば、ここ数年で普及したオンライン英会話のような海外の英語教師といつでもトレーニングができるツールを学校や企業に導入する、南米のチリのように英語力の高いボランティアスタッフを教師として教育現場に巻き込むことも解決策になるかもしれません。

英語の指導者不足は工夫次第でいくらでも解決できます。日本の英語力の伸び悩みについて、一人一人が自覚を持つことが、早期解決へと繋がっていくでしょう。

ライター:Satoshi Hirao at EF Education First。留学、語学教育事業を展開する世界最大級の私立教育機関、EF Education First(EF)にてマーケティングを担当。EFのミッションである「Opening the world through education」を掲げ、留学の魅力を世の中に発信し続ける
Photo by: EF Education First 「EF EPI 2015」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。