ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

五郎丸人気続くラグビー 日本W杯向け「国内プロ化」あるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ワールドカップでの歴史的勝利や“五郎丸フィーバー”もあり、人気急上昇のラグビー。

 国内では社会人リーグの最高峰「トップリーグ」が行われているが、11月13日からの開幕戦では、当日券を早々と完売させたにもかかわらず、バックスタンドがガラガラの試合が相次ぐなどしたため、日本ラグビー協会が観客動員数の見込み違いを謝罪する事態となった。

「企業頼みのアマチュアスポーツの実情をさらけ出してしまった。これまでラグビーはリーグ戦の入場料収入やテレビの放映権収入を運営費に充てていたが、認知度も低かったのでまったく賄えず、結局はクラブチームを抱える企業が赤字覚悟で負担してきた。

 トップリーグのチケットも約4割を各企業がまとめて買い取り、社内で配ったり、取引先との接待で使ったりと長らく集客に苦戦してきた」(スポーツ紙記者)

 トップリーグを構成する16の企業チームは、前出の五郎丸歩選手が所属するヤマハ発動機ジュビロほか、トヨタ自動車ヴェルブリッツやパナソニックワイルドナイツ、NTTドコモレッドハリケーン、サントリーサンゴリアス、神戸製鋼コベルコスティーラーズなど、みな錚々たる大企業の冠がついているため、一定の活動資金を得ることには困らなかったのかもしれない。

 だが、これまでの状況では「企業に依存した体制には限界がある」との議論が出ていたのも確かだ。昨年、トップリーグの1試合平均の観客数は4700人足らず。全試合の集客目標45万人に対し、プレーオフを含む121試合の動員数は39万6421人だった。認知度や宣伝効果が上がらなければ、企業がチームを所有し続ける意義も薄れていくのは当然だ。

 そんな苦境の中で沸き起こった空前のラグビーブーム。2019年には日本でW杯が開催されることもあり、人気の持続と代表選手のレベルアップに大きな期待が寄せられている。そこで、ひとつの案として持ち上がっているのが、「国内リーグのプロ化」だ。

 日本代表の田中史朗選手も、〈企業に支えられてやっているのでは難しいとは思う。でも、どこかの企業が(プロ化したチームを)やってくれれば、ほかも続いていく可能性もある〉と発言している。

 現在、日本のラグビー選手のほとんどはチームを所有する企業の社員として通常勤務もこなしている。五郎丸選手もヤマハ発動機の社員として、午前9時から午後3時まで働いた後、練習に汗を流す日々を送っている。つまりサラリーマンとしての生活保障があるわけだ。

 しかし、プロ化になれば選手の待遇や練習環境が良くなり、日本代表のレベルアップも期待できる反面、とことん結果や高パフォーマンスが求められることになる。

 経済誌『月刊BOSS』編集長の児玉智浩氏も、「選手にとって単純にプロ化だけが最善策とも言えないのではないか」と指摘する。

「本当に力のある選手ならいいですが、ラグビーはケガが多いスポーツですし、30代にもなれば引退の二文字を考える選手もいる。

 そう考えたとき、プロ化でクビ切りのリスクを負うよりも、企業に所属して引退後もそのまま働き続ける選択肢を残しておいたほうがいいという選手だっていると思います。社会人スポーツ選手で後に出世した人もたくさんいますしね」

 なによりも、プロ野球やJリーグなどの人気スポーツでさえ、採算を取るのに悪戦苦闘するチームも多い中、「まずは2019年までラグビー人気を持続させ、競技人口を増やしていかない限り、プロ化は難しい」(前出・スポーツ紙記者)との声は根強い。

 今年6月、日本ラグビー協会では、森喜朗氏の後任として東芝相談役の岡村正氏が新会長に就任した。同氏は日本経団連副会長や日本商工会議所会頭などを務めた“財界の重鎮”であるうえ、自らも東大ラグビー部OBのため、ラグビーへの理解は人一倍深い。

 岡村氏は企業依存のラグビー運営スタイルをどう変革していくのか――。その方向性次第で日本ラグビー界の将来が左右されるといっても過言ではないだろう。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ラグビー日本代表GMが日本ラグビーの危機的状況を語った本
92年ぶり五輪復活のラグビー IOCへのロビー活動は一切なし
大学ラグビー 帝京等の新興に早明慶ら伝統校が誇りかけ人気

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP