ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

終戦宰相・鈴木貫太郎 連合国に条件付降伏を呑ませた交渉術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 奇しくも、戦艦大和が九州・坊ノ岬沖海戦で米軍に撃沈され敗戦が色濃くなった1945年4月7日、鈴木貫太郎が首相に就任。直ちに終戦交渉の布石を打った。その手始めは国民に向けた以下の談話だった。

〈私の屍を踏み越えて起つの勇猛心を以て新たなる戦力を発揚し……〉

 一見、国民に徹底抗戦を呼びかける内容だが、鈴木の真意は違った。当時の国内には陸軍を中心とする主戦論と、終戦を「逃げ」と受け止める好戦的な国民感情が渦巻いていた。下手に「和平」などと口にすれば、血気盛んな将校がクーデターを起こしかねない。鈴木は早期の戦争終結を目指す本心を隠し、勇猛な演説で軍部と国民を欺いたのだ。

◆「これまでの日本人と違う」
 
 その一方、和平を望む様々なシグナルを連合国に送った。首相就任から一週間も経たないうちに米国のルーズベルト大統領が脳溢血で急死すると、鈴木はルーズベルトに「深い哀悼の意」を表明。日本と激しい戦いを繰り広げている米国の「ワシントンポスト」、「ニューヨークタイムズ」などが鈴木の弔意を伝えた。

 当時、米国に亡命中だったドイツの文豪トーマス・マンは鈴木の行動をこう賞賛している。

〈これは驚くべきことではないでしょうか。東洋の国日本にはいまなお騎士道精神と人間の品位に対する感覚が存する〉(平川祐弘『平和の海と戦いの海』)

 敵国トップの不慮の死に哀悼の意を示したことで「鈴木はこれまでの日本人と違う」という新鮮な印象が諸外国に与えられた。これも外交上の大きな効果だった。

 6月9日の施政方針演説で鈴木は、昭和天皇と日本人が平和を希求することを以下のように強調した。

〈世界に於て我が天皇陛下ほど世界の平和と人類の福祉とを冀求遊ばさるる御方はないと信じて居るのであります〉

〈日本人は決して好戦国民にあらず、世界中最も平和を愛する国民なることを……〉

 その一方で、連合国が求める無条件降伏への徹底抗戦をこう誓っている。

〈我が国体を離れて我が国民はありませぬ。敵の揚言する無条件降伏なるものは、畢竟するに我が一億国民の死と云うことであります。我々は一に戦うのみであります〉

 この演説は、表向き戦争貫徹を唱えるも、裏では連合国が「無条件降伏」の要求さえ翻せば、日本は終戦交渉に応じるとのメッセージだった。昭和史に詳しいジャーナリスト・堤堯氏が語る。

「貫太郎は無条件降伏ではなく、あくまで『条件付き降伏』の獲得を目指しました。彼の施政方針演説は“条件さえあれば戦争をやめても良い”というシグナルだったのです。これを受け、厭戦気分が広がる米国では、貫太郎の親友であるジョセフ・グルー前駐日大使らが日本側にどのような条件を出せば良いか協議しました」

◆昭和天皇の聖断

 実際、グルーを筆頭とする知日派は鈴木の演説を聞き、その裏側に秘められた真意を機敏に受け取った。当時、米戦時情報局のザカリアス大佐は、「鈴木は内心では平和を考えている」との分析を記録に残している。

 紆余曲折を経て、英米ソが7月26日に発したポツダム宣言は、鈴木が目指した条件付きの停戦案だった。ポツダム宣言の第13条は「日本政府が全日本軍の即時無条件降伏を宣言し、またその行動について日本政府が十分に保障することを求める(以下略)」という内容であり、無条件の降伏は日本政府ではなく日本軍に対して要求されたものだった。

 この宣言を受け入れるか否かで御前会議が紛糾した際、鈴木は「かくなる上は、畏れながら聖慮を拝し奉りたいと存じます」と二度にわたり昭和天皇に決定を委ね、これに応じた昭和天皇が「聖断」を下した。強い絆で結ばれた鈴木と昭和天皇の「阿吽の呼吸」が長い戦争に終止符を打ったのだった。

 堤氏は「鈴木貫太郎こそ不世出の宰相だった」と語る。

「いったん始まった戦争を終わらせるのは実に難しいことですが、貫太郎は〝腹芸〟を駆使して米国にシグナルを送り、国論を束ねて条件付き降伏を勝ち取りました。知恵と勇気を振り絞った終戦交渉だったと言えます」

 昭和天皇の元侍従次長、木下道雄の『側近日誌』によると、昭和天皇は鈴木をこう評している。

〈鈴木首相は、政治的技術においては近衛におよばなかったけれど、大勇があったので、よく終戦の大業を成し遂げたのである〉

 裏切り者と呼ばれることを覚悟し、大勇で日本を救った鈴木は1948年4月17日に他界した。死の直前、「永遠の平和、永遠の平和」と二度、繰り返したという。

※SAPIO2015年12月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
昭和天皇の思想形成、政治や戦争との関わりについて迫った書
小渕元総理 新元号「平成」テレビ発表時の視聴率は58.1%
昭和天皇 平和愛好を強調されるが戦争の実情も学ばれていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP