ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「始皇帝と大兵馬俑展」観た壇蜜 気合の入り方が違うと感嘆

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京国立博物館 平成館で開催中の特別展『始皇帝と大兵馬俑』で音声ガイドのナビゲーターを務めるタレントの壇蜜が、話題沸騰中の同特別展を訪れた。

 13才で王に即位し、50才で没した始皇帝。彼の帝国はその後わずか3年で滅亡してしまうが、兵馬俑や銅車馬をともなう壮大な地下宮殿は長い時を経て1974年に地元の農夫によって発見された。

「兵馬俑は数十年かけて造られたと思われがちなのですが、もっと短期間に集中して造られたのでは…という見方もあるんですよ」と東京国立博物館の川村佳男さん。

 そして壇蜜はこんな感想を述べた。

「これだけのものを造った人びとの、自分の経験や技術を後世へ伝えようとする意思って、現代の私たちの想像をはるかに超えていますね。遺すことへのこだわり、気合の入り方が違う。

 現代の私たちにも通じる兵馬俑のお顔立ちを見ながら、古代の人々を身近に感じるいい機会になりました。難しいことはひとまず置いて、小説や漫画からでも中国の歴史を勉強してみたいな、と思いました」

撮影■高橋進

※女性セブン2015年12月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
壇蜜 「よくぞ残ってくれました!」と兵馬俑特別展に感激
壇蜜 国立博物館主任研究員から兵馬俑の見方を教わる
ゴージャスドレスと6550万円のジュエリーをまとった宮沢りえ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP