ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クレジットカードは2~3枚使い回しが得 還元率で選ぶべき

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 何かと物入りな年末が近づいてきた。膨らむ支出のためには節約が大事。

 東京都に住む42才の女性会社員は「お得になるからとよくカードを作るけど、持っていることを忘れてまったく使わなかったり、結局お得な感じもしないし、意味があるのかな?」と疑問を抱く。

 そんな疑問に、消費生活評論家でジャーナリストの岩田昭男さんは、「カードの枚数は管理できる範囲で」と、アドバイス。重要なことは「日常生活に合わせること」だという。

「ポイントを効率的に貯めるには、できるだけ同じカードを使って支払うことです。そのためには、よく利用するお店のカードをメインに持つようにしましょう。いくらポイントが貯まっても、年会費がそれ以上かかってしまっては意味がないので、そこは厳密に計算したほうがいい」(岩田さん)

 まずチェックしたいのは年会費。永年無料のもの、利用すれば翌年無料になるもの、必ずかかるものなどがあり、「初年は無料」と言われて作ったものが、いつのまにか年会費がかかっているケースもある。

 利用額に応じてポイントなどで戻ってくる割合を「還元率」といい、たとえば200円支払ってもらえるポイントが1P(1P =1円)の場合は、還元率0.5%となる。年会費の金額と、そのクレジットカードを使って支払う年間の額を予測し還元額を計算し、還元される額が年会費を上回っていればお得ということになる。

「いちばん還元率が高いのは『タカシマヤカード』の8%(食料品など例外あり)でお得です」(岩田さん)

 年間に自分がどの百貨店でどれだけ買い物をするか、損をしないかを考えて選ぼう。また、コンビニをよく利用する人なら、メインのコンビニに絞ってお得にポイントを貯める選び方がある。

 たとえば、ローソンを利用する人でドコモの携帯を持っているなら「DCMXカード」(12月1日から「dカード」に名称変更。dカードは11月20日から受付開始予定)がお得。岩田さんが言う。

「dカードに変わる12月からはカード支払いで5%還元を受けられる予定です。常に5%還元なので持っておく価値はありますね」

 ファミリーマートでの買い物で貯まるのはTポイントだが、Tポイントを貯めたい人に岩田さんがオススメするのは「Yahoo!JAPANカード」。

「Tカードはファミマでの利用だけだと還元率が0.5%でなかなか貯まりませんが、Yahoo!JAPANカードはYahoo!ショッピングやロハコ(通販サイト)の利用でTポイントが貯まり、還元率は3%です」

※女性セブン2015年12月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
楽天 vs Yahoo! ポイントサービスはどっちがお得か?
クレジットカードのポイント還元率 甘く見ないほうがいい
ポイントが貯まるクレジットカードの選び方 3か条を解説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP