ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Amazonが「1時間配送サービス」を日本でも開始!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
171790418

先日、シアトルに初のリアル店舗としてオープンした書店が、大きな話題となったAmazon。次なる注目の取り組みは、アメリカ、イギリス、イタリアに続いて4ヵ国目となる、ここ日本での「Prime Now」の展開だ。

日用品や趣味・嗜好品など
18,000点が1時間以内に届く!

_213306604

2015年11月19日(木)に開始した同サービスは、Amazonプライム会員向けのもの。対象商品となる約18,000点の商品を、注文から1時間以内に届けてくれるのだという。

現在の対象エリアは東京都世田谷区、目黒区、大田区、品川区、渋谷区、港区、杉並区、新宿区(一部除く)。2,500円(税込)以上の注文を条件に、配送料金890円(税込)で「1時間以内配送」を選択できる。配送時間は午前6時から深夜1時までで、状況はGPS機能により、リアルタイムで確認が可能だ。

「Amazon.co.jpでは、2007年にAmazonプライムを開始して以来、翌日配送サービス、当日配送サービスを順次開始し、迅速な配送サービスの向上に努めてまいりました。Prime Nowは、さらなる迅速な配送サービスを追求した結果実現したプライム会員向けの新たなサービスです。
Amazonのビジョンの一つである『地球上でもっともお客様を大切にする企業』を目指す一環として開始いたしました。東京でのサービス開始を皮切りに、今後多くのプライム会員の皆様にご利用いただけるように、対象エリアを順次拡大してまいります」 

アマゾン ジャパン株式会社 代表取締役社長ジャスパー・チャンは、同サービスについて、このようにコメントしている。

ネット通販業界における
“配送スピード志向”

216667807

Prime Nowは、「会社員が朝起きてすぐに商品を注文し、出勤前に受け取る」「退社時に注文し、帰宅と同時に受け取る」といった使い方が想定されているとのこと。

ネット通販業界では、楽天株式会社が都内の一部で、最短20分配送の新サービス「楽びん!」の本格展開を始めたほか、ヨドバシカメラも一部の地域で、最短6時間で配送するサービスを開始。利用者確保を目指した“配送スピード”への注力が本格化している。果たして、この戦いを制するのは…?

Reference:Amazon.co.jp

関連記事リンク(外部サイト)

最大2時間もつ!「ツナ缶」を使った、災害用ランプが超便利
「アレ」を使うだけで!洗濯槽の汚れがごっそり落ちる(動画あり)
「ビール」でごはんを炊いたら絶品だった。(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。