体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たこやきレインボー、単独公演で初のツアーをサプライズ発表

『なにわンダーアドベントレインボーツアー』で全国各地に笑顔と大阪愛を振りまいてきた、たこやきレインボーが『なにわンダーランド2015〜あわてんぼうのクリスマス〜』の開催を迎えた。

11月21日@TOKYO DOME CITY HALL (okmusic UP's)

11月21日、場所はTOKYO DOME CITY HALL。5人にとって過去最大キャパとなる会場だが、チケットはなんと即日ソールドアウト! 完全に上昇気流に乗っている彼女たちの晴れ舞台をこの目で見ようと、多くのファン、通称“虹家族”が水道橋に詰めかけた。

冬の街角をイメージしたステージには4本のクリスマスツリーが置かれ、その後ろはクリスマスツリーを模ったLEDで彩られている。早くもクリスマスムード満点だ。「皆さん、こんばんは! なにわンダーランドへようこそ!」という女性のアナウンスが流れると、一気に虹家族の興奮が高まる。そして、なにわンダーランドへの天使の降臨が告げられた後、お馴染みの「tacoture」が流れ出し、ステージに天使姿のたこやきレインボーの5人が登場。いよいよなにわンダーランドの開演……いや、開園だ。オープニングナンバーは「オーバー・ザ・たこやきレインボー」。歌い出しはなんとアカペラ。高い歌唱力を活かした5声のハーモニーが実に美しく、早速オーディエンスの心をグッと掴む。続く「ナンバサンバイジャー」は未発表音源ながらもすっかりライブの定番曲へと成長し、虹家族も大盛り上がり。間髪入れずに「絶唱!なにわで生まれた少女たち」に突入。持ち前のテンションの高さとダイナミックなダンスを活かしたパフォーマンスで、初っ端からピークタイムを迎えた。

自己紹介の後は、「あきんどチャチャチャ」。そろばんをパーカッション代わりにした陽気なチャチャで、クリスマスの合間の南国ムードを演出。チャチャの次はサンバの時間だ。「ナンバでサンバ2」では根岸と彩木が客席に降りて、虹家族を煽りまくり! 興奮状態が一気に高まった。いきなりこんなに飛ばして大丈夫なのかと不安になるほどの勢いだけど、これこそがたこ虹。ダイナミックなダンスと丁寧な歌唱で、5人らしさを存分に発揮している。「ジュージューシー!!」では、「みんなの力でツリーに光をー!!」という清井の絶叫を合図に、それまで消灯していたツリー型のLEDに念を送る。すると、みるみるうちにツリーに明かりが灯り、最後には虹色に輝き出した。これでパーティ気分も最高潮……かと思いきや、次のMCで衝撃の事実が発覚。なんと、今日がクリスマスイブだとすっかり勘違いしていた彩木が、日程を間違えてサンタを発注してしまったのだ。当然、今日は11月21日である……。しかし、すぐに気を取り直した5人は、パーティの準備のために一旦ステージ袖へ。

その間、ステージ上ではなにわンダースペシャルステージが行われた。まず登場したのは春名。ダンスキッズを引き連れて、雪が降る中、クリスマスバージョンの「まいっちんぐ☆まいまいマジック」を披露した。この曲は、“まいまい”まみれな歌詞と中毒性の高いメロディが印象的な脱力系ポップチューンで、春名のキャラクターによく合っている。続いて現れたのは、根岸と彩木。昨年のなにわンダーランドで初めて演じたミュージカル(?)「道子とクラリス」の続編となる「道子とクラリス〜魂の激闘編〜」の上演だ。根岸扮する道子と彩木扮するクラリスの姉妹が、イボコロリン大王と激闘するというトンデモストーリーで、これには虹家族もバカ受け。この物語、どうやらまだまだ続くらしい。ガラリと雰囲気が変わり、客席から登場した清井と堀が披露したのは「an umbrella」。明るくて元気いっぱいなたこ虹のイメージとは異なるド直球な哀愁系EDMチューンで、クールな表情で歌い上げる2人が最高に格好良い。こんなたこ虹も意外とアリかも。

MCでは5人がツリーに自色のオーナメントをさらに飾り付ける。よりいっそう華やかになったツリーに満足気な5人だけど、やっぱりサンタが足らない。そこで、「みんなで大きな声で歌えば、サンタも勘違いして来てくれるはずだって!」という堀の提案で、ハイテンションなタオル曲「365Go!」へと突入。メンバーは代わる代わる客席へと突っ込んで、もっともっとと言わんばかりに虹家族を煽りまくる! その後も、「叫べ!ガウガール」「めっちゃPUNK」「踊れ!青春カルナバル」と間違いのないアゲ曲で畳み掛け、場内はまるでクライマックスのように大熱狂。

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会