ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、IoT製品向けAndroid OS「Brillo」のソースコードを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は、今年の Google I/O カンファレンスで発表された IoT (Internet of Things:モノのインターネット)用のデバイス向けのソースコードを公開しました。Brillo は、スマートホーム製品やウェアラブルデバイス、家電などの組み込みシステムで動作するように設計された Android の派生版です。Google I/O の際にはプロジェクトのローンチしか発表されていませんでしたが、ソースコードの公開によって Brillo の中を確認できるほか、開発者でビルドすることが可能になります。Google は IoT 製品向けプラットフォームの一つして「Weave」も発表しています。Weave は、Brillo が Android デバイスやクラウドサービスに接続するために使用される共通言語と説明されており、これを利用することで、Brillo 端末と Android 端末や Brillo 端末同士を容易に通信させることができます。Source : Google

■関連記事
OnePlus、数量限定のOnePlus Xセラミックモデルを11月24日に発売
NTTドコモ、期間限定で「のりかえボーナス」を10,080円増額、11月30日まで
一部のNexus 6Pで特定の使い方をした場合に通話中のマイク音質が悪くなると報告される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP