体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

第8回 『劇場版 媚空-ビクウ』秋元才加さんインタビュー

生活・趣味
第8回 『劇場版 媚空-ビクウ』秋元才加さんインタビュー

連載! 「続・鴇田崇の映画でいっぱいいっぱい!」8回目は、現在大ヒット公開中の映画『劇場版 媚空-ビクウ』主演の秋元才加さんへインタビュー! 天才、雨宮慶太監督が放った約10年続く超ロングヒットシリーズ牙狼<GARO>の10周年記念作品で、秋元さんは孤高の闇斬師(やみぎりし)にして女魔戒法師・媚空を熱演! 劇中ではかつて見たことがないほどの肉体美と身体能力を存分に活かしたアクションを披露しています。AKB48を卒業して3年目、自身のことを「修業期間だなって思います」と語る実力派女優の想いとは?

──GAROシリーズではありますが、まったく新しい内容ですね。当初不安はありましたか?
 
そうですね。ただ、そういうことは、それほど考えていなかったですね。このシリーズから媚空を知るような、違った世界観で観る人もいると思い、新しい作品を作っている感覚でしたね。GAROなんですけど、違うような。媚空単体の作品としても楽しめて、GARO10周年でもあるので、これをきっかけにシリーズに入っていく方もいると思うので、そういう意味でもいいと思います。前作とは違うという意味だと思いますが、雨宮監督、媚空が街中を歩けるようにと、このコートを作ってくれて(笑)。街着用を作ってくださったんです。

──なるほど。GAROシリーズは夜や暗所のシーンが印象的で、昼の街中はなかったですね。
 
白昼の街中にいたら相当怪しいですが(笑)、GAROというと森とか工場とか、街中でも夜とか廃墟とか、そういうイメージが強いですよね。今回、渋谷のクラブに行ったりとか、けっこう街の中で同化しているんですよね。最近ではアニメなど、いろいろな企画が動いていますが、GAROは10周年ということで、いろいろな挑戦として始まっている気がしますね。

IMG_8229.JPG

──さて今回の劇場版『媚空-ビクウ-』を経て、女優としての今後の目標などありますか?
 
今後の課題は、演技の”軽さ”を出すことですね。媚空のように腹や肝がすわったというか、強さ硬さというものは映像でもここまで自分でも出せるんだって手応えはありました。最近出演したドラマ「別れたら好きな人」や映画『ギャラクシー街道』などではコメディー要素が濃かったりしたので、普通の等身大の女性を描くようなコメディーでの軽さがほしい。一生懸命だけれど、それがにじみ出ない軽さみたいなものを自分の中でまとえれば、もっと幅が広がると思います。

──確か以前のインタビューで表情が豊かすぎるので、困っていると言われていましたね。
 
そうなんですよ(笑)。映像作品の場合、それがすごく難しくて。でもこの顔はもって生まれたものなので、これがちゃんと自分のなかで加減ができれば、強みになると思うんですけど、全部が意味を持っちゃうので。舞台の場合は比較的必要なことですけど、真面目が出過ぎちゃうんですよね(笑)。でも、そういうことで葛藤することもいま楽しいですね。試行錯誤しながら壁にブチ当たりながら。そして今回は上手くできたかなと思っています。

1 2次のページ
BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会