ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今気になる噂の絶景を編集部が大調査!とっておきの神秘絶景6選【阿蘇&高千穂】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

広大な自然あふれる阿蘇と、天孫降臨の里・高千穂。
九州の2大パワースポットともいえる観光地で、今気になる噂の絶景を編集部が大調査しました。

紅葉に雲海、夜神楽…、この時期ならではの神秘に触れる旅を調査コメントとともにご紹介。
空気の澄んだ季節は山々の表情もひときわ美しく、日常を忘れさせてくれる風景に、きっと心も癒されますよ。

1.【阿蘇エリア】大観峰

出会えるとラッキーな「雲海」が見られるかも!?


風が穏やかな日、夜明け前から早朝(11月は6時30分頃)に出かけてみて

阿蘇エリア屈指の絶景スポット。阿蘇五岳、くじゅう連山を望む360度の大パノラマは開放感いっぱい。夕陽の時間帯もおすすめ!(11月は17時頃)

<編集部の調査コメント>
10月~11月は一日の寒暖差が大きいので、雲海のベストシーズン! 大観峰(だいかんぼう)
TEL/0967-32-1960(阿蘇インフォメーションセンター)
住所/熊本県阿蘇市山田2090-8
営業時間/散策自由
アクセス/九州道熊本ICより1時間、大分道日田ICより1時間
駐車場/500台
「大観峰」の詳細はこちら

2.【阿蘇エリア】草千里

秋の夕暮は「金色に輝く景色」が見られるらしい!?


草千里に向かう途中、ススキの波がゆらゆら

烏帽子岳の北麓にひろがり、噴煙を上げる中岳を望む草千里。秋には一帯にススキが広がる。秋風に吹かれて波打つススキは、阿蘇の秋の風物詩でもある。

<編集部の調査コメント>
夕陽を受けて輝くススキはまさに金色!夕方4時30分頃が狙い目です。 草千里
TEL/0967-32-1960(阿蘇インフォメーションセンター)
住所/熊本県阿蘇市草千里ヶ浜
営業時間/散策自由
アクセス/九州道熊本ICより1時間30分
駐車場/200台(普通車1回410円)
「草千里」の詳細はこちら

3.【阿蘇エリア】免の石(トレッキング)

洞窟の間に浮かぶ「不思議な岩」があるらしい!?

免の石往復コースは
約1.5km(往復)を歩く

竜神伝説から「竜の卵」とも呼ばれている

洞窟の間に岩がはさまっている不思議な光景。免の石の麓に出来た「鳥の小塚公園」からも見ることができる。少しハードだがトレッキング(ガイド付き)が人気。

<編集部の調査コメント>
岩が「落ちない」ことから合格・運気上昇祈願の名所として注目! 免の石(トレッキング)
TEL/0967-67-2222(一般社団法人みなみあそ村観光協会)
住所/集合場所:南阿蘇村観光案内所(熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石2807)
営業時間/10時スタート(4月~10月は13時スタートも)
※3日前までに要予約、最少催行人数2名
料金/免の石往復コース(約2時間)大人2000円、小学生1000円
※案内料、保険料、入浴券含む(体力に自信のない方はお控えください)
アクセス/九州道益城熊本空港ICより40分
駐車場/200台(「あそ望の郷くぎの」の駐車場利用)
「免の石(トレッキング)」の詳細はこちら

4.【阿蘇エリア】
カドリー・ドミニオン「阿蘇の北外輪」

空から眺められる「天空絶景」があるらしい!?


約7分のコースの例(天候、噴火状況により異なる)

阿蘇の北外輪山をヘリコプターで上空から眺めたら信じられない絶景が(写真)! 他にもミニフライトコース(大人2900円)、阿蘇山麓コース(大人4800円)など。

<編集部の調査コメント>
秋は澄んだ青空と茶色い山肌とのコントラストが見事です。 カドリー・ドミニオン「阿蘇の北外輪」
TEL/0967-34-2020
住所/熊本県阿蘇市黒川2163
営業時間/10時~16時30分(10月13日~3月13日)
※フライト最終受付は閉園30分前
定休日/3月~11月:なし、12月~2月:火曜日、水曜日
料金/噴火口ど迫力コース大人7500円、3歳〜12歳7000円
※別途入園料(大人2400円、小・中学生1300円、3歳以上700円)が必要
アクセス/九州道益城熊本ICより50分
駐車場/1200台
※天候、整備、運転上の都合によりフライトが中止になる場合あり
カドリー・ドミニオン「阿蘇の北外輪」の詳細はこちら

5.【高千穂エリア】高千穂の夜神楽

この時期だけの「特別な夜神楽」があるらしい!?


集落ごとに伝承された神楽はそれぞれ個性がある

毎年11月から2月の土日を中心に、夜を徹しての神楽を開催。各集落ごとに年1回ずつ開かれ、観客に食事や酒の「ふるまい」がある所も。日程や場所は集落により異なるので高千穂町等のHPをチェック。

<編集部の調査コメント>
夜を徹しての「三十三番の神楽」は、この時期にしか見られません! 高千穂の夜神楽
TEL/0982-73-1212(高千穂町企画観光課)
住所/宮崎県西臼杵郡高千穂町の各集落
営業時間/18時頃~翌10時頃(集落により異なる)
料金/初穂料(寸志)※目安は2000~3000円、もしくは焼酎1~2本
アクセス/九州道益城熊本ICより1時間30分(高千穂町役場まで)
駐車場/あり(台数は場所により異なる)
「高千穂の夜神楽」の詳細はこちら

6.【高千穂エリア】高千穂峡

「紅葉」が色づき更に美しい景色が見られるらしい!?


落差17m、ボートから見上げる真名井の滝は迫力満点

V字渓谷に高さ100mにも及ぶ断崖が続く秘境。貸しボート(1隻30分2000円、定員3名※子どもは2名で1名分)での川下りが人気。遊歩道から眺めても絶景♪

<編集部の調査コメント>
真名井の滝周辺の紅葉が色づくよ!見頃は10月下旬~11月中旬。 高千穂峡
TEL/0982-73-1212(高千穂町企画観光課)
住所/宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井
営業時間/散策自由
アクセス/九州道益城熊本ICより1時間30分
駐車場/100台
「高千穂峡」の詳細はこちら

※この記事は2015年10月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

紅葉と一緒に楽しめる♪福岡のおしゃれな秋色カフェ厳選7
人生観が変わるかも!必ず行くべき!三重の「感動絶景」5選
御朱印帳が大人気!【宮崎&鹿児島】神社ドライブ3コース

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP