体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今気になる噂の絶景を編集部が大調査!とっておきの神秘絶景6選【阿蘇&高千穂】

大観峰

広大な自然あふれる阿蘇と、天孫降臨の里・高千穂。
九州の2大パワースポットともいえる観光地で、今気になる噂の絶景を編集部が大調査しました。

紅葉に雲海、夜神楽…、この時期ならではの神秘に触れる旅を調査コメントとともにご紹介。
空気の澄んだ季節は山々の表情もひときわ美しく、日常を忘れさせてくれる風景に、きっと心も癒されますよ。

1.【阿蘇エリア】大観峰

出会えるとラッキーな「雲海」が見られるかも!?

大観峰
風が穏やかな日、夜明け前から早朝(11月は6時30分頃)に出かけてみて

阿蘇エリア屈指の絶景スポット。阿蘇五岳、くじゅう連山を望む360度の大パノラマは開放感いっぱい。夕陽の時間帯もおすすめ!(11月は17時頃)

<編集部の調査コメント>
10月~11月は一日の寒暖差が大きいので、雲海のベストシーズン! 大観峰(だいかんぼう)
TEL/0967-32-1960(阿蘇インフォメーションセンター)
住所/熊本県阿蘇市山田2090-8
営業時間/散策自由
アクセス/九州道熊本ICより1時間、大分道日田ICより1時間
駐車場/500台
「大観峰」の詳細はこちら

2.【阿蘇エリア】草千里

秋の夕暮は「金色に輝く景色」が見られるらしい!?

草千里
草千里に向かう途中、ススキの波がゆらゆら

烏帽子岳の北麓にひろがり、噴煙を上げる中岳を望む草千里。秋には一帯にススキが広がる。秋風に吹かれて波打つススキは、阿蘇の秋の風物詩でもある。

<編集部の調査コメント>
夕陽を受けて輝くススキはまさに金色!夕方4時30分頃が狙い目です。 草千里
TEL/0967-32-1960(阿蘇インフォメーションセンター)
住所/熊本県阿蘇市草千里ヶ浜
営業時間/散策自由
アクセス/九州道熊本ICより1時間30分
駐車場/200台(普通車1回410円)
「草千里」の詳細はこちら

3.【阿蘇エリア】免の石(トレッキング)

洞窟の間に浮かぶ「不思議な岩」があるらしい!?

免の石(トレッキング) 免の石往復コースは
約1.5km(往復)を歩く

免の石(トレッキング) 竜神伝説から「竜の卵」とも呼ばれている

洞窟の間に岩がはさまっている不思議な光景。免の石の麓に出来た「鳥の小塚公園」からも見ることができる。少しハードだがトレッキング(ガイド付き)が人気。

<編集部の調査コメント>
岩が「落ちない」ことから合格・運気上昇祈願の名所として注目! 免の石(トレッキング)
TEL/0967-67-2222(一般社団法人みなみあそ村観光協会)
住所/集合場所:南阿蘇村観光案内所(熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石2807)
営業時間/10時スタート(4月~10月は13時スタートも)
※3日前までに要予約、最少催行人数2名
料金/免の石往復コース(約2時間)大人2000円、小学生1000円
※案内料、保険料、入浴券含む(体力に自信のない方はお控えください)
アクセス/九州道益城熊本空港ICより40分
駐車場/200台(「あそ望の郷くぎの」の駐車場利用)
「免の石(トレッキング)」の詳細はこちら

4.【阿蘇エリア】
カドリー・ドミニオン「阿蘇の北外輪」

空から眺められる「天空絶景」があるらしい!?

カドリー・ドミニオン「阿蘇の北外輪」
約7分のコースの例(天候、噴火状況により異なる)

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。