体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みるみるコミュニケーション力が身につく「9つのトレーニング」

みるみるコミュニケーション力が身につく「9つのトレーニング」

谷本有香

経済キャスター/ジャーナリスト。証券会社、Bloomberg、日経CNBCなど金融経済番組のキャスターとして従事、日経CNBCでは初の女性経済コメンテーターに。2011年からフリーランスで活動中。英ブレア元首相やマイケル・サンデル ハーバード大学教授の独占インタビューはじめ、マレーシアのマハティール元首相やハワード・シュルツ、スターバックス会長兼CEOなど世界の1000名を超える著名人にインタビュー実績あり。テレビ朝日「サンデースクランブル」にゲストコメンテーターとして不定期出演中。

「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。

ここではアクティブ リスニングの基礎力を磨くトレーニング方法を取り上げます。9つのトレーニングでテクニックを本物に変えていきましょう!

01.
相手の話を最後まで聞く

みるみるコミュニケーション力が身につく「9つのトレーニング」

優秀な人ほどやってしまいがちなのが「話の割り込み」。本人としては相手の言いたいことを早めに理解して早く答えを教えてあげたいと思っているのかもしれませんが、往々にして逆効果となります。

誰だって自分の言いたいことは最後まで話したいはず。途中で話の腰を折られたり、先を越されたり、まして自分が話し終える前に反論を聞きたいと思っている人はいません。

02.
長所を5つ見つける

あまりよく知らない人を選び、期限を決めてその人の長所を5つ挙げてみるトレーニングです。

長所はなんだって構いません。身だしなみや持ち物、歩き方や言葉遣い…長所を5つも見つけるには、相手をよく観察してみないといけません。観察している内に、相手への理解が深まっていくのを実感するはずです。

03.
相手に提供できる
メリットを5つ考える

みるみるコミュニケーション力が身につく「9つのトレーニング」

一緒に仕事をしてみたい人を想像するといいでしょう。その人に何が提供できるでしょうか?こうやって、誰かに提供できるメリットを探す場合、自分の強みを探す作業がベースになります。
それには、相手と差別化できるところ、自分が人から求められている役割、自分にしかできないこと、得意なこと等に着目する必要があるでしょう。

04.
目標と話の流れを書き出す

私たちはともすると、相手と会って話をすること自体が目標になってしまうことがあります。忙しかったり、ほかに気になることがあったりすると、余計にその傾向が強くなります。しかし、コミュニケーションはあくまで手段であって、そこには自分の目標があるはずです。

そこで、人と会う前に目標と話の流れを書き出してみましょう。短時間でいいので考える時間をとり、メモしておくだけでコミュニケーションの生産性が格段にあがるのがわかると思います。

05.
親しくなるプロセスと
質問を考えてみる

みるみるコミュニケーション力が身につく「9つのトレーニング」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。