ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

1日に9時間!?子どものメディア接触時間は、睡眠時間より長いと判明(米調査)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Cute boy with mobile phone

テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています。

1日に9時間!?
睡眠より長いことが判明…

A picture of group of friends using smartphones in the city

NPO団体「Common Sense Media」が2,658人の子どもたちを調査したところ、1日に9時間以上もの時間がメディアに使われていたことを明らかにしました。これは両親と過ごす時間や学校で過ごす時間よりも長いと言われています。
さらに同団体の調査によると、66%以上が毎日音楽を聴き、58%が毎日テレビを見ると答えたそう。その一方で、毎日外で遊ぶと答えたのは36%だったとか。

子どもたちに共通するのは
マルチタスクが得意なこと!?

media-9-hours1511161-01_000047754040_Large

CNN」では、メディアに長時間没頭する若者たちに共通していることは、マルチタスクが得意なことだと言います。スマホでゲームをしながら勉強したり、チャットをしながらテレビを見ることに慣れているのだとか。
さらに、今の男の子たちはゲームをすることが好きで、女の子たちはInstagramなどのSNSにハマる傾向があるとも伝えています。

この調査を実施した「Common Sense Media」の代表、James Steyer氏は次のように語ります。

「この調査結果を見て、正直ビックリした。今の子どもたちの生活を見ると24時間365日、常にテクノロジーに囲まれている。だから否応なく使っちゃうし、他にやりたいことなんてなくなるのかもしれない」

教育に使うこともできる!
悪いことばかりじゃない

tl_img_1b3dd542387ad4077749582b518500401c006646

ただ、ゲームやアプリに長時間触れることは悪いことばかりではなく、教育として使うこともできるのでは?と「Medical Daily」。
実際、インペリアル・カレッジ・ロンドンの調査では、「The Eatery」という食事管理アプリを使っている子どもたちは肥満が少なくなっていることを明らかにしています。物は、使いようなのかもしれませんね。

Reference : Common Sense Media ,  CNN , Medical Daily

関連記事リンク(外部サイト)

【落下実験】「iPhone 6s vs 6s Plus」頑丈なのはどっち?
白昼のバンコクで撮影された「流れ星」がすごい(動画あり)
イケメン・100年の歴史を90秒で振り返る(動画)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。