ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

釜本邦茂氏 五輪得点王に育ててくれたサッカー界の父を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 どんな大物だろうと天才だろうと、人生の中では思い悩み苦しむことがあった。そんな時に光を照らし道を示してくれた恩師の思い出は、今も色鮮やかに心に刻まれている。サッカー解説者の釜本邦茂氏(71)が、そんな恩師へ感謝の言葉を綴る。

 * * *
 私にとっての恩師は1960年にサッカー日本代表強化のために来日した、デットマール・クラマーさんをおいて他にない。最初の出会いは私が山城高(京都)の2年生の時だ。クラマーさんが京都代表の選抜合宿の指導に来られたのだが、その時のデモンストレーションの相手役に選ばれたのが私だった。

 当時、世界最高峰だったドイツサッカーの技術を自らが手本になって教えてくれて、人間教育にまで言及する話に感動したのを覚えている。本格的に指導を受けるようになったのは、早大2年で東京五輪代表に選ばれた時だ。この時、最初にいわれた言葉は今でも忘れない。

「遅い! このままでは北海道の熊で終わるぞ」

 私はフォワードでありながら、ボールを受けてからゴールへ振り向くスピードが遅かった。南米の選手は『1』、欧州の選手でも『1、2』でゴールに振り向くが、私は『1、2の3』とさらにワンテンポかかった。体の大きさと相まって、お前はまるで北海道の熊だというわけだ。

 まずはこのスピードを上げることから始めた。海外のストライカーの映像や資料を見ながら、自分自身で考え、反復練習を繰り返して技術をモノにしていった。

 結果、マークから離れて半身でパスを受けることで、スルッとゴール方向に振り向けるようになり、得点能力が格段に上がった。

 当時の日本サッカーは世界から著しく遅れていた。「とにかく走って点を入れろ」としか指導されておらず、全員がボールに集まる有様だ。

 クラマーさんはそれを抜本的に変え、パス回しなどサッカーのイロハから教えてくれた。口を酸っぱくしていわれたのは、「パスを出したらとにかく走れ」ということ。それも闇雲に走るのではなく、相手の動きを見てパスのもらえる場所に動けということだ。

 今では当然だが、そんな指導を受けたことがなかったので当時は新鮮だった。この指導があったからこそ、私はメキシコ五輪での得点王を取れ、チームは銅メダルという快挙を達成したのだと思っている。

 私はいま、クラマーさんから教わったことを3つの『B』として子供たちに伝えている。

 蹴る、止める、運ぶの動作“ボールコントロール(Ball Control)”、スピード、スタミナ、スピリッツの総合力“ボディバランス(Body Balance)”、柔軟に対応できる考え“頭脳(Brain)”。これがサッカーでは一番大切だ。

 これからもクラマーさんの志を未来のストライカーに伝えていくつもりだ。それが「日本サッカーの父」への恩返しになると思っている。

●かまもと・くにしげ/京都府生まれ。日本代表としてメキシコ五輪に出場し、銅メダルを獲得した。

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
各地の少年サッカーの指導体制を取材し日本の問題点を説く本
元日本代表福西崇史が実体験踏まえ試合の観戦ポイント語る本
【日韓比較・スポーツ編】メダル数、歴代メジャーリーガー数他

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP