ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

登録有形文化財第1号の温泉宿 皇室特別室には野口英世の書

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 一度は泊まりたい「名建築の温泉宿」。福島・東山温泉の「向瀧」(むかいたき)は、会津藩指定保養所だった歴史を持ち、国の登録有形文化財第1号に輝いた木造建築の温泉旅館。24室ある客室は、間取りや細工も含め、すべて異なる造り。各室それぞれの趣向と眺めを堪能でき、季節ごとに泊まる部屋を替える常連客もいるという。

 多くの皇族を迎えてきた書院造りの宮内庁指定棟特別室「はなれの間」には、大正時代に宿泊した医学者・野口英世の書が飾られ、専用風呂には折り上げ式格天井が施されている。

 格天井は部屋の格の高さを示すといわれ、大広間の格天井には会津特産品の桐材が使われている。疲労回復などに効能がある温泉は自然湧出の自家源泉で、45℃の熱めに設定される「きつね湯」は、肌がすべすべになると評判。

【住所】福島県会津若松市東山町大字湯本字川向200

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
長野・渋温泉の「斉月楼」 宮大工の技術を結集した旅館建築
「新島八重より有名」な中野竹子の恋を軸に描いた幕末小説
薩摩の歴史研究者がソニー創業者等会津関連の人物紹介した書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。