ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鈴木福&芦田愛菜 大好きなスヌーピーについて語り合う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今や、国民的子役スターである鈴木福クン(11才)と芦田愛菜チャン(11才)。ふたりが、大好きなスヌーピーと声で共演! 百戦錬磨の私もプロフェッショナルのオーラを放つふたりを前にタジタジに…。ママ記者代表として、活動屋映子がその素顔にどこまで迫れるか――。(取材・文/活動屋映子)

「おはようございまーす!」

『I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE』(12月4日金曜日よりTOHOシネマズ、スカラ座他にて公開)にて、それぞれ声を担当したチャーリー・ブラウンと、赤毛の女の子の衣装を身にまとい、元気にインタビュールームに入ってきた鈴木福クンと芦田愛菜チャン。主役の特大スヌーピーが登場すると「あっ、スヌーピーだ!」と、特に愛菜チャンは満面の笑みに。ふたりを見ているだけで、きっと彼らのお母さんよりも年上であろう映子の心も和みます。

――スヌーピーのお仕事をするって聞いた時、どう思った?

福クン:「スヌーピーは世界的に有名で、誰でも知ってるキャラクターだから、すごい! って思いました。学校にもスヌーピーが好きな友達がたくさんいて、“楽しみにしてるよ”“絶対見る”って言う子が何人もいたから、うれしかった(と目を真ん丸にしてキッパリ!)」

愛菜チャン:「私は前からスヌーピーが大好きだったので、大好きなピーナッツの世界に入っていけるのは、夢見心地でした。それで、お母さんに何回も“本当に私が?”って、確認したんです(と、ニッコリ)」

 ウン、ウン、そうだよね~。思わず聞き入ってしまい、あまりのかわいさに、次の質問を忘れそうです。

――福クンが演じたチャーリー・ブラウンは、自分の野球チームを持っているけど、一度も勝ったことがないし、凧あげをすれば必ず木に引っかかるし…。何をやってもうまくいかない男の子だけど、ふたりはうまくいかない時ってある? そういう時はどうするの?

福クン:「あるかなぁ~。ぼく今、あんまり悩みはないけど…(ちょっと考えて)、でも、甘いものを食べるかな。アイスとかチョコレートとか!」

愛菜チャン:「甘いものもいいよね。私はとりあえず寝るかな。眠ると、頭がリセットできるから、また頑張ろうって思えるし」

 福クンの天真爛漫さも魅力だけど、やっぱり女の子の方がしっかりしてるなぁと、自分の子供時代を思い出した私(遠い目…)。

――そんなチャーリー・ブラウンの強い味方のスヌーピーと、お友達だったらどうしたい?

福クン:「ぼくはいろいろ教えてもらいたいかな~、料理とか。だって、スヌーピーはカップケーキだって上手に作れるんだよ」

――そうなんだ! さすが詳しいね。食べてみたいでしょ?

福クン:「うん! おいしそうだよね」

――愛菜チャンはどうですか?

愛菜チャン:「私はスヌーピーが大好きだから、一緒にいられるだけでハッピー。相談っていうより、スヌーピーにハグできたら最高です!!」

※女性セブン2015年12月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
鈴木福、芦田愛菜らスヌーピー映画の声優子役の楽しげな表情
『マルモのおきて』芦田愛菜ら子役2人が流す涙は「自前」
芦田愛菜 NG出された共演子役のために椅子取りゲーム提案

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP