ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

廃棄されるお米と野菜で作った「おやさいクレヨン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

緑色ではなく、ピーマン。黄色ではなく、とうもろこし。ちょっと変わったカラー表記のクレヨンが話題です!

楽しめるのは
“誰も知らなかった色”

その正体は、mizuiro株式会社が生み出した「おやさいクレヨン」。国産のお米と野菜を原料とする、なんとも珍しい商品です。

主成分のワックスとして使用されるのは、米ぬかを生成する際に排出されるライスワックス、つまり「お米の油」。野菜の色を補うための顔料は、食品の着色に使用されるものと同成分なので、安全性にもしっかりと配慮されています。

「食べられるけれど、規格外で廃棄されるもの」や「出荷時にカットされる部分」をできる限り使用して製造。安全性だけでなく、環境にだってやさしい側面も。

自動化された機械では製造が難しい素材のため、職人が一つひとつ半手動生成機で手作りします。本物の野菜粉末が入っているため、描き心地は少しだけザラザラしているのだとか。

現在は、シリーズ第4弾となる「おやさいクレヨン Season4」が発売中。新色の「ピーマン」「ブロッコリー」「さといも」「トマト」「コーヒー」を含む全10色入りで価格は2,000円(税別)です。万が一、口に入れてしまっても安全な素材のみで作られているので、安心して子どもにお絵かきを楽しませてあげられますね!

Licensed material used with permission by mizuiro株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

家で飲むビールが、「劇的に美味しくなる」グラスを知っていますか?
おめでとう!をさり気なく伝えられる「輪ゴム」が登場
「おっとっと!」と言ってしまう、楽しいワイングラス(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP