ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仏テロ追悼FBでのトリコロール騒動 「やれやれ」な光景に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 パリで起きたテロ事件を受けて、フェイスブックに追悼の意味でアイコンをフランス国旗のトリコロールを被せる機能が実装された。しかしそれを巡って、ネットでは「ひと悶着」あった。大人力コラムニスト・石原壮一郎氏が一連の流れから「教訓」を引き出す。

 * * *
 あらためて、平和について平和に語る難しさを目の当たりにしました。平和な国に暮らしていても、いや、平和な国に暮らしているから余計にそうなんでしょうか、一部の人は、常に「ケンカを吹っかける対象」を探さずにはいられないようです。

 先週末にフェイスブック上で繰り広げられた大人げない光景にウンザリして、15日の夜にこう呟いたところ、とても大きな反響をいただきました。

〈どうかケンカしないでください。プロフをトルコロールにしてもしなくても、どっちでもいいじゃないですか。平和を願う気持ちは同じはずなのに、ケチをつけたり、ケチをつけられてムキ―ッとなって反撃したり。まずは目の前の人と、差異を認めつつ仲良くしましょう。世界平和のためにも。〉

 読み返すと気恥ずかしい限りですが、この写真も付けていない短い投稿が、いつもの3倍ぐらいの「いいね!」と10倍ぐらいのコメントをいただき、30人ぐらいがシェアしてくださいました。なぜこんなことを呟いたのか、順を追ってご説明します。

 11月13日に、パリでとても悲惨な出来事が起きてしまいました。犠牲になった方々には心から哀悼の意を捧げるとともに、事件を起こした側、起こさせた側に激しい憤りを感じます。それは言うまでもないことだし、誰しも同じ気持ちだと思います。

 しかし、事件が起きた直後、フェイスブックに実装されたある機能きをきっかけに、ややこしい対立の構図ができてしまいました。「ある機能」とは、プロフィール写真にフランス国旗と同じ青、白、赤のトリコロールをかぶせることができるというもの。犠牲者を悼み、パリ市民の安全と平和を願う意味が込められているとのこと。私のフェイスブックのニュースフィードにも、たくさんのトリコロールが並びました。

 大いにけっこうなことだと思います。しかし、トリコロール機能が爆発的に広がるや否や、おもにネット上のあちこちから異を唱える声が上がり始めます。理由や理屈はさまざまで、なるほどそれはそうだとうなづけるものもありました。ただ、要するに「単純に乗せられているお前らはバカだけど、こんなに流行っていてもトリコロールにしない俺は知性も意識も高い」と言いたいだけの人も多かったように見受けられます。

 トリコロールにしている側としても、自分なりの方法で悲しみや哀悼の意を表現しているだけなのに、ケチをつけられたら面白くありません。売り言葉に買い言葉で、異を唱える側に激しい言葉を投げつけている光景がちらほら見られました。また、ケチをつけられる云々とは別の話として、トリコロールをしていない人が、している人に「なぜしないんだ!」と詰め寄られるケースもあったそうです。「やれやれ」です。

 こういう流れは、日本の(もしかしたら人類全体の)伝統芸なのでしょうか。戦後の反核運動にせよ、最近では反原発運動にせよ、同じ目的を持っている人同士のあいだで、すぐにケンカや罵倒合戦が始まります。たぶん、大きな目的を達成することよりも、目先の小さな優越感を満たすことのほうが大事だと思っている人が多いんですね。

 まして今回の件は「争いはもうたくさんだ」という気持ちが、当然の大前提にある話です。平和の祈り方の違いで争うなんて、しかも「しょせんフェイスブックのプロフィール写真ごとき」で、自分と違うやり方をしている相手を攻撃したり、それを踏み絵にして「友達」を敵と味方に分けたりするのは、大人としてあまりに浅はかで狭量な反応と言えるでしょう。いや、こんなことを言うこと自体、ケンカしている人たちに無駄にケンカを売っている行為だと言われたら、まあそのとおりなんですけど。

 ことほど左様に、素直にアツくなってしまうタイプも、したり顔でわかったふうなことを言うタイプも、人は「目の前の人との小さな差異をめぐるケンカ」の誘惑には、なかなかあらがえません。そこが気になり始めると、共通の目的や本当に戦うべき相手なんてあっという間に見失ってしまいます。

 きっと、日頃の仕事でも人間関係でも、ついそういうことをしてしまっているはず。画期的なアイディアだと思っても提案者が嫌いだから反対するとか、そいつが活躍すれば会社としてはプラスなのに妬ましいから足を引っ張るとか、上司の顔色だけが判断基準のすべてになっているとか……。我々の業界で言うと、紙媒体とweb媒体や電子書籍をめぐる不毛ないがみ合いとか、本が売れない原因を図書館や古書店のせいにするとか……。

 けっこう真面目な話として、いまのところ平和な日本に住んでいる我々としては、何が大事かを見失わないように全力で気を付けながら、大人としての自覚や矜持を持って真摯に穏やかに生きていくことが、世界中で起きている悲劇を悼むための具体的な第一歩なのではないでしょうか。なんて言うと、勇ましいことがカッコイイことと勘違いしている人たちから、大人が言うとは思えない罵声を浴びせかけられそうですけど。往々にして書いてあることをロクに読まずに、あるいは読解力のなさをあらわにしながら。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
11月に長男出産予定の梨花「何かの職人になってほしい」
NMB渡辺とホラン千秋 大阪の魅力アピールイベントで美脚披露
宮崎アニメに隠された平和への祈りを気鋭の学者が読み解く書

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP