ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

認知症 「MCI」段階で早期診断できれば発症を防ぎ後戻り可

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全国に約500万人いる認知症患者は2025年に最大730万人に達する。10年後には65才以上の高齢者の5人に1人が認知症となる――厚労省は今年初め、そんな試算を発表して、世間に衝撃を与えた。

 どんどん日本人の平均寿命は延び、誰もが認知症のリスクに直面するなか、NHKスペシャル『シリーズ認知症革命』が大きな話題になっている。

「ついにわかった! 予防への道」と銘打たれた第1回放送(11月14日)では、いったん発症すると治療は困難で、投薬によって進行を遅らせることしかできない認知症が、早期診断により、未然に「予防」することが可能であると明らかにされた。

 その認知症予防の重要なカギを握るのが、「MCI(軽度認知障害)」だ。番組にも登場していた、認知症予防の第一人者で、日本認知症予防学会理事長の浦上克哉鳥取大学医学部教授が解説する。

「MCIとは、記憶力や注意力といった脳の認知機能が正常より低下しているが、認知症のレベルには至っていないグレーゾーンを指します。

 私たちの脳内ではさまざまな部位が結びつき、多様な『脳内ネットワーク』を形成しています。ところがMCIになると、このネットワークの結びつきが弱くなり、認知機能の低下などの各症状をもたらすと考えられています」

 MCIと診断されると、12%の人が1年以内に、半数が5年以内に認知症を発症するという研究がある。MCIとは、いわば認知症の「予備軍」なのだ。日本では65才以上の高齢者の4分の1がMCIで、計400万人いると推定されている。今なぜMCIが注目されるのか。

 従来、認知症というと、遅いか早いかという差はあるものの進行を止めることはできず、悪化への「一方通行」とされてきた。しかし、MCIの段階で対策を講じることで、認知機能の低下が回復したり、認知症の発症を防げることが世界中の研究で明らかになりつつあるからだ。

 MCIで早期診断できれば、まだ「後戻り」ができるというのだ。

※女性セブン2015年12月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
老母の家が認知症でゴミ屋敷化 子が問題解決までを綴った本
発症まで約20年のアルツハイマー型認知症 40代から予防必要
老人ホーム内に駄菓子屋設置 イメージプレイで認知症予防

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP