ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中日からのFA流出 「落合GMの考え方と性格が仇に」の指摘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今シーズン5位に終わり、45年ぶりの3年連続のBクラスとなった中日ドラゴンズ。山本昌、谷繁元信、小笠原道大、和田一浩といったベテランが続々と引退し、チームは生まれ変わろうとしている。

 だが、オフに入ると、貴重な中継ぎ左腕である高橋聡文投手がFA(フリーエージェント)宣言し、阪神への移籍が濃厚に。谷繁監督の説得により残留となったものの、外野の一角である藤井淳志も一時はFA移籍が噂されていた。いずれも、落合博満ゼネラルマネージャー(以下、GM)からの引き止めがなかったことが、原因と伝えられていた。野球担当記者が話す。

「落合GMは『FAは選手が勝ち取った権利だから、とやかく言うことではない』と考えている。現役時代から一貫して変わらない考え方です。実際、自身の監督時代に育成選手として獲得した中村紀洋が、後にFA宣言をしたときも、何も言わなかった。普通なら、『恩知らずなヤツだ』との一言でも言いたくなるところですけどね。ただ、GMになっても、その考え方を変えていない点は、マイナスに働いているのかもしれません」

 FAを考える選手の中には、他球団でのより高い評価を求める者がいる一方で、「本当に自分は必要とされているのか」と球団に対して疑問を持っているケースもある。球団首脳や現場の首脳陣が「おまえは必要な戦力だ」と声を掛けるだけで、今回の藤井のように局面が打開することもある。

「落合GMは口ベタなので、周りにサポートできる球団関係者がいないと、相手を勘違いさせやすい。監督時代は森繁和コーチがうまくフォローしていたが、今はそのような相棒がいない。また、監督退任から4年が経ち、当時の威光も薄れているし、落合GMの監督時代を知らない選手も増えてきた。これから、ますます溝が深まる危険性があります」(同前)

 GM就任以降、ドラフト指名や外国人獲得などの補強面が、必ずしも成功しているといえないのも事実。来年もBクラスに沈むようであれば、落合GMの責任問題にも発展しかねない。

「もともと、落合さんは人情深い人。照れ屋が邪魔しているだけの面もある。そういう意味では、監督や選手時代とは考え方を変えて、情の部分で選手に接していく必要もあるのかもしれません。GM業は時に、優しい性格を見せることでうまくいくケースもあるはずです」(同前)


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
WBCに選手出さなかった落合監督に選手 「やりやすい」の声
年俸保留者が出た中日 落合GMに対しクーデター起きると懸念
落合監督の兄登場「弟は選手より監督の才能に恵まれている」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP