体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いざアマゾンジャングルへ!冒険心と好奇心を持って最高の旅体験を!

アマゾンと聞いただけで、ひいてしまう人も多いはず。でも、実は遠そうで近いアマゾン。そしてアマゾンで優雅な滞在が可能なんです。

今回は、虫嫌いで都会派(!?)の筆者も思わずのめり込んでしまった素敵なジャングル体験をご紹介。エクアドルのアマゾン・ジャングルにあるオールインクルージブの高級エコロッジ『サチャ・ロッジ』に宿泊し驚きの自然に出会あい、そして原住民との持続性のある観光を知る掛け替えのない旅の体験をご紹介します。

 

以外と近い!?アマゾン・ジャングルへの行き方

shutterstock_64558576

Photo by Shutterstock

アマゾン地域は、ブラジルやペルーなど数か国にまたがっていますが、エクアドルからはアクセスがとってもスムーズ。

エクアドルの熱帯雨林エリアには、アマゾン川の支流であるナポ川が流れていて、首都のキトから僅か30分のフライトでアマゾンの入り口に到着、その後2時間ほどナポ川をボートで進めば、手付かずの大自然に埋もれるように建てられた『サチャ・ロッジ』に到着です。

 

冒険家が25年かけて見つけた理想の場所

shutterstock_316042559

Photo by Shutterstock

033136fc1bb4dd6592e018e961abb7e7

Photo by snovadoma.ru

エクアドル・アマゾンは、アクセスがいいというだけでなく、生息する動植物の数が世界最大級!
100種類以上の樹木に600種以上の魚、250種以上の両生類や爬虫類が現在までに発見されています。そして、数多くの先住民族が、今でも自給自足の生活をこの広大な森林世界のなかで維持している貴重な場所。

そんな地球の宝の様な場所に、アマゾン・ジャングルの営みを潰す事なく滞在できるロッジを作りたいと、1992年スイス人の冒険家ベニ・アメテール氏によって『サチャ・ロッジ』が建設されたのです。彼は、ロッジを建てるにあたり、25年間エクアドルに滞在し、理想の場所を見つけたのです。

そして、周りに住むキチュア族の人々170人とともにロッジを開始。原住民の知恵や知識を尊重しながら、出来るだけ原住民を雇い、地域のコミュニティにも大いに貢献しているのです。

© SACHA LODGE

Photo by thankyouforbeingsophisticated.com

 

ジャングルのど真ん中で質の高いサービスを実現

IMG_3340

Photo by ecuador.com

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。