体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『さようなら』深田晃司監督&新井浩文インタビュー「人間の“人間らしさ”とは何なのか」

IMG_9890_f

世界初となる、人間とアンドロイドが共演をする映画『さようなら』が、20日より公開中。劇団・青年団を主宰し、日本を代表する劇作家・平田オリザとロボット研究の世界的な第一人者である石黒浩(大阪大学大学院教授・ATR石黒浩特別研究室室長)が共同で進める、人間とアンドロイドが舞台上で共演した画期的な演劇プロジェクトを映画化した作品です。

監督と脚本を手掛けたのは『歓待』『ほとりの朔子』の新鋭・深田晃司さん。様々な映画や作品で活躍する俳優の新井浩文さんも重要なキャラクターを演じています。

今回は深田晃司監督、新井浩文さんにインタビュー。映画について、アンドロイドについて、色々とお話を伺ってきました。

(撮影:wosa)

IMG_9857_f IMG_9867_f

―本作、非常に楽しく興味深く拝見させていただきました。この『さようなら』という物語を映画化しようと思ったきっかけを教えていただけますか。

深田監督:元々は15分の短い舞台ですが、その舞台を2010年に初めて観た時から映画にしたいと思っていました。一番惹かれたのは、あの演劇が持つ強烈な“死のにおい”ですね。僕自身がもともと「メメント・モリ」と言われる、死のテーマに惹かれているというのもあるのですが、『さようなら』の、死んで行く女性とそれを見つめるアンドロイドの姿は、「メメント・モリ」の最先端にいるなと思ったんですね。「死んで行く姿を撮りたい」と思ったのがきっかけで、平田さんにお話に行ったら快諾いただいて、クラウドファウンディングで資金集めをスタートして。

―15分の演劇を2時間弱の映画作品にする事に苦労はありませんでしたか?

深田監督:アートフィルムにまで視野を広げれば、アレクサンドル・ソクーロフ監督の『マザー、サン』(1997)といった、ほとんど2人の会話で展開していくという事も可能ですけど、自分の立場では、それでは資金は集まらないだろうと。なので、今回は最初は主人公の周りに色々な人がいるのだけど、だんだん減っていく事で孤独を描くという構造にして、15分の演劇を無理矢理ふくらませた、という事も無く描くことが出来ました。

―新井さんを起用した理由についても教えてください。

深田監督:新井さんは色々な作品に出演されていて、もちろん素晴らしい役者さんだと思っていたのですが、特に『BOX 袴田事件 命とは』(2010)が印象に残っていて、大好きな作品なんです。これは僕の勝手な新井さんのイメージですが「何考えているか分からない」所が非常に良くて、これは役者さんにとって非常に重要な事なんですね。何を考えてるか手に取る様に分かる役者さんのお芝居ってどうしても浅いというか。本人が嘘をついているつもりなくても、観る側からすると「嘘をついているな」と分かってしまう。そうじゃない役者さん、次に何をするのか分からない方に出て欲しいなと思いお願いしました。

―新井さんはオファーを受けていかがでしたか?

新井浩文:深田監督の作品はこれまでも観ていて、オファーをいただいてからすぐに出させていただきたいとお返事して。脚本を読んで「このアンドロイド役って誰がやるんだろう」と思っていたら、本物のアンドロイドが出ると聞いて驚きました。

これは、うちの印象ですけど、深田監督の作品って色だったり光が作る“絵”にこだわっていると思っていて、それがハマればとても良い作品になるんじゃないかなと思いました。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会