ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなどれない!東南アジアのサッカー新興国カンボジアに大苦戦 才能あるキーパー、本田のシャツ強奪選手の逸材ぶり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本代表とのワールドカップ予選に0-2で敗れたカンボジア・サッカー代表。”格下”という日本メディアの楽観的な論調にも関わらず、前半は無得点、後半も結局はオウンゴール絡みで2失点と、ランキングなどの差を考えれば、大健闘だ。

近年、著しい成長を見せている東南アジア勢のサッカー。この試合ではカンボジア代表のキーパー、ソウ・ヤティの無駄のない的確なプレイが目立っていた。岡崎のPK失敗も含め、この小柄なキーパーの確かな技術は賞賛に値する。日本戦でスーパーセーブを連発し、Jリーグクラブも注目したイズワン・マハブドに続き、ソウ・ヤティが日本で話題になる日も来るかもしれない。

裏ベストとしては、3番ネン・ソティアロットを挙げておきたい。岡崎との競り合いから2点目のオウンゴールを献上してしまったものの、試合終了後に本田圭佑に速攻でシャツ交換を申し込んだ現在19歳のソティアロットは、「ファンかよ」「欲しがりすぎw」「ちょっとかわいかったね」など話題になったが、実は、17歳からU21入り、A代表のレギュラーなど、カンボジアサッカー期待の星なのだ。本田のシャツ強奪シーンはあまりにも衝撃的だったが、ゴール前での岡崎との堂々とした張り合いでの振る舞いは光るものがあった。

他にも、日本のクラブがオファーしたとの噂があるリーグ得点王、チャン・ワタナカや、司令塔のクチ・ソクンピアクなど、今後アジア地域で彼らの名を耳にする機会が増えそうだ。

日本でも、慣れない人工芝のピッチなど色々と苦戦した理由は挙げられているが、アジア地域の全体のレベルアップは今回のワールドカップ予選でも顕著だ。ベトナム、タイ、シンガポール、そして今回のカンボジアなど、欧州クラブもアカデミーを作ったりと彼ら新興国の躍進は益々あなどれないものにななるだろう。

https://youtu.be/SzeGbv05Org

https://youtu.be/8ME9vFareck

■11月のAOL特集
世界の可愛すぎる動物たち【フォト集】

関連記事リンク(外部サイト)

キングカズ、49歳も現役継続!「間違いなく伝説のアスリート」と海外でも称賛の嵐
松木安太郎、なぜかラグビー・五郎丸のキックについて語る!そして、松木のルーティンとは?
サッカーU
日本から帰った元助っ人選手がメジャーリーグで指導者として続々復活していた!
W杯予選でパスを16本繋いだタイ代表がスゴすぎると話題に【動画】

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP