ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヴァル・キルマー、映画『トップガン』続編への出演オファーを受けていることを公表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヴァル・キルマーが、映画『トップガン』続編の出演オファーを受けていることを公表した。米パラマウント・ピクチャーズは、続編となる『Top Gun 2(原題)』のプロジェクトを5年前から進行している。

『トップガン』でトム・クルーズ演じる主人公マーヴェリックのライバル、トム・カザンスキーこと“アイスマン”を演じたキルマーは、自身のフェイスブックに、「たった今‪#‎topgun2のオファーをもらった。脚本を読まずに“イエス”ということは滅多にないけれど・・・」と、投稿した。‬

この投稿の数時間後に、キルマーは、再度フェイスブックで、「これはまだ先の話だから落ち着いて。昔からずっと話し合いが行われていたが、オファーを受けることと実際に演じることは違う。トップガンよりも早くフライングで投稿してしまった。悪意のないミスだ。ただ、エージェントから素晴らしい内容の電話を受けとったんだ」と前言を撤回し、早まった発表をしてしまったと投稿した。

もっと見る:『トップガン』続編、30年振りの敵はドローンか?

続編のプロデューサーを務めるジェリー・ブラッカイマーとクルーズは、オリジナルの『トップガン』のトニー・スコット監督と、2012年にスコットが自殺を図って亡くなるまで、共にこのプロジェクトを進めていた。2013年にブラッカイマーは、このプロジェクトはまだ進行中であるとコメントした。

今年の夏、クルーズらと一緒にプロデューサーを務めるスカイダンス・プロダクションのCEOデヴィッド・エリソンは、続編の脚本をジャスティン・マークスが執筆中だと発表した。エリソンは、「現代社会では、ドローンのような新技術や、先祖から数えて5代目となる兵士たちが戦っているのが実情だ」と、語っている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP