ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手数料無料で即販売!SNS上で出品できるフリマアプリ「sello」が便利そう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

sello_1メルカリを筆頭に、快進撃を続けるフリマアプリ。オークションより手軽に利用できることから、ユーザー層も拡大の一途をたどっている。

最近目立つのは、出品手数料が一切かからないサービス。LINEモールでは、購入者の手数料すらタダにするという太っ腹ぶりを見せ、大きな話題を呼んだ。

そんな中、海外からも1つ、注目のサービスが登場。アメリカ生まれのフリマアプリ、「sello」である。

・手数料無料!思い立ったら即出品

sello_2このジャンルの多くがそうであるように、「sello」もまた、思い立ったら即出品できるシステムを提供している。

面倒な設定はなし。その場ですぐ取引を開始できるのが、このアプリの大きな魅力だ。

LINEモール同様、出品・購入にかかる料金は無料。必要なのは、銀行振り込みとクレジットの手数料のみだ。

成立した金額はすべて、ユーザーに還元される。ワントゥワン時代にマッチした、eコマースの新しい形と言えるだろう。

・SNS上でシェアして品物を販売

sello_4他との違いは、出品の経路として、各種SNSを利用している点。日頃FacebookやTwitterに投稿するのと同じ感覚で、ショップを開くことができるのだ。

利用方法は簡単。アプリをダウンロードしたら、売りたい品物をそのまま撮影。自分が使っているSNS、またはメールから送信するだけで済む。

オンラインショップを開くのは大変だが、これなら気楽。物々交換の気分で出店できるのは、若い世代にとってもうれしいところだ。

ダウンロードは無料。Google PlayとApp Storeで入手可能だ。

sello

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。