体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミッフィーの生まれ故郷、可愛らしさ溢れるオランダでミッフィーを探してみた

今年2015年は、ミッフィーの絵本が発表されてから60年の記念の年。世界中で愛され続けるミッフィー。日本でも各地で「ミッフィー展」が開かれています。

そして、この「ミッフィー」という呼び名。世界共通の呼び名だと思っている人が多いかと思います。

実は、ミッフィーの出身地オランダでは、「ナインチェ」と呼ばれているのです。オランダの小さな子供たちはミッフィーを見ると”Nijntje!(ナインチェ!)”と呼んでいます。

「ミッフィー」とは、絵本の英語版が出版された際につけられた英語名だったのです。

それでは、本場オランダで見つかるナインチェの魅力をお伝えします!

 

1.世界にひとつだけのミッフィー信号機を見に行こう!

DSC_0265

photo by akiko

DSC_0266

photo by akiko

ミッフィーの作者であるディック・ブルーナさんの出身地・ユトレヒトには、世界で唯一といわれるミッフィーの信号機があります。

以前まではシルエットのみでしたが、最近訪れたら目がついていてさらにかわいくなっていました!

街ゆくオランダ人は、足を止めませんが、観光客は、「赤で止まっているミッフィー」と「青で歩くミッフィー」両方を見るべく、信号機に向けてシャッターを押すのに必死です。

車に気を付けて、ぜひ赤・青両方のミッフィーの姿を見てみてくださいね。

 

2.ディック・ブルーナ・ハウスでお勉強しよう!

5796490055_fd0e272a08_b

photo by flo and me

 ミッフィーの生みの親であるブルーナさんの作品を集めたミッフィーの家!

絵本からグラフィックまでと幅広い分野で活躍するブルーナさんの作品や、ミッフィーの原画のコレクションが展示されています。ここでしか手に入れることが出来ないミュージアム限定グッズも見逃せません!

※現在は、12月(予定)にリニューアルのため休館中です。

 

3.広場にまでミッフィーの名前が!ミッフィーの銅像に会いに行こう!

DSC02035

photo by akiko

DSC02037

photo by akiko

「ミッフィー広場」と名付けられた広場には、ぽつんと佇むミッフィーの銅像があります。

こちらは、ブルーナさんの次男であるマルク・ブルーナさんの作品です。

「ミッフィー広場」と書かれたプレートにも、ミッフィーの絵が描かれいますので、ぜひ注目してみてください。

 

4.ブルーナさん御用達のお菓子屋さんに行ってみよう!

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。