ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

動画プレイヤー「MX Player 1.8.0」のベータ版がリリース、ベータテストプログラムも開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android で定番の動画プレイヤーアプリ「MX Player」の新ベータ版 1.8.0 がリリースされ、同時にアプリのベータテストプログラムも開始されました。v1.8.0 では Android 6.0 のサポートが改善された(タッチ時のラグが減った模様)ほか、再生速度の調節機能が追加(メニューまたは画面の 2 本指上下スワイプ)されています。また、マレーシア語、グジャラート語、ラオス語のサポート、SSA 字幕のレンダリング性能の改善、ネットワークバッファリング機能の改善、Android 2.x、ARMv5 / v6、MIPS のサポート廃止といった変更も行われています。ベータ版を試せるベータテストプログラムは、Google Play のサービスを利用して提供されています。參加するには、下記のリンク先から無料版 / Pro 版のエントリーフォームにアクセスし、「テスターになる」をクリックします。すると、Google Play ストア経由でベータ版にアップデートできます。Source : MX Player Beta

■関連記事
SonyのCEOがスマートフォン用プロセッサの開発の噂を否定
Lava、Pixel V1にAndroid 6.0アップデートを配信開始
Nexus 5Xの充電中にタッチパネルの反応が悪くなる現象が様々なところで報告される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP