ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

患者百万人 心房細動による脳梗塞予防に内視鏡外科治療有効

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 心房細動患者は、推定100万人で、よく起こる不整脈だ。心臓を動かす電気信号の異常が原因で、左心房と肺をつなぐ肺静脈から最も多く発生する。頻脈を訴える患者も多いが、心房細動が恐ろしい理由は、重大な脳梗塞が起こるからだ。

 電気信号の異常で心房が細かく震え、内部の血流がうっ滞する。特に左心房から突出した左心耳(さしんじ・左心房の一部)という場所で血液が淀み、血栓ができやすい。その血栓が大動脈経由で頸動脈や脳動脈を詰まらせ、脳梗塞を起こす。脳梗塞全体の約20%が、心房細動が原因の心原性脳梗塞だ。

 都立多摩総合医療センター心臓血管外科の大塚俊哉部長に話を聞いた。

「心房細動による脳梗塞の一般的な予防法は、抗凝固薬の服用ですが、出血性副作用のリスクを抱えながら、一生休みなく続ける必要がある難しい治療です。また、心房細動を整脈化する治療として薬物治療のほか、カテーテルアブレーションも行なわれますが、慢性例では再発の可能性が高いのが現状です。

 私は2008年から、心房細動に対する内視鏡外科治療を始めました。脳梗塞予防と抗凝固治療離脱のための“左心耳切除”と、不整脈を根治させる“アブレーション(不整脈の原因部を高周波電流で焼き切る)”も内視鏡で行ないます」

 左心耳を切除して血栓を予防する治療は、2003年にアメリカのウルフ博士が初めて行なった。脇の下の前方を5センチほど切り、内視鏡を併用して行なう治療で、治療成績がよく、すでに2000例を超す症例実績がある。このウルフ法と呼ばれる治療を内視鏡だけで行ない、より低侵襲(ていしんしゅう)化したのが、大塚部長が開発したウルフ-オオツカ法だ。

 全身麻酔で仰向けの患者の左右の脇の下に、1センチ前後の小さな刺し傷を3、4個作る。そこから内視鏡や手術器械を入れて治療する。人工心肺で心停止する恐れもない。

 この治療を受ける8割の患者が左心耳切除と、アブレーションを同時に行なう。左心耳切除だけなら、治療時間は20~30分、アブレーションを同時に行なっても、1時間ちょっとで終了する。

「ウルフ-オオツカ法が可能になったのは、内視鏡手術テクニックの進歩と、テクノロジー(手術器械)の進化のおかげです。左心耳切除は、切離と同時に、ホチキス留めのように切り口を閉鎖できる自動縫合器を使用することで、驚くほど短時間かつ安全にできます。ウルフ博士が開発した内視鏡用のアブレーション器械は、手術時間の大幅な短縮と、治療効果の向上をもたらしました」(大塚部長)

 皮膚の小さな刺し傷から行なう内視鏡治療は、筋肉や骨を傷めず、美容上の利点もある。手術時間が短く、低侵襲なため高齢者でも治療可能で、入院も術後3~5日と短期間で済む。一番のメリットは、脳梗塞予防とともに、抗凝固薬から離脱でき、出血の恐怖からも解放されることだ。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
早期発見で100%近く完治する大腸がん 良い病院見分ける方法
胃がんに強い病院 内視鏡治療数の割合に着目すると分かる
早期大腸がんは電気メスの「内視鏡的粘膜切除術」で根治できる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP