ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

些細だけど大切な、ニットを素敵に着るコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

私がニットを着ると、どこか野暮ったくなってしまう……。そんな悩みがありつつも、街で見かけるのは、何てことないシンプルなニットを着ているだけなのに、どこか洗練された雰囲気の人。
それって何が違うの?
シンプルなニットの着こなしといっても、何もだいそれたテクニックが必要、というわけではありません。ほんのちょっとの些細な部分に気遣うだけで、グンと垢抜けた雰囲気になるのです。
そんな少しのポイントさえ気を付けておけば、ニットのおしゃれをより楽しめること間違いなしです。

手首を見せると女性らしい

A photo posted by 中村真里 (@_marinakamura_) on Oct 27, 2015 at 8:20am PDT

どうしてもボリューム感の出てしまうニットは、ボテッと見せないのが肝心。それなら、女性らしい華奢さを強調できる「手首見せ」のワザを活用しない手はありません。
ニットのボリューム感が手首の細さをより強調してくれるので、効果は絶大。きれいめなハイゲージニットよりも、ざっくりと粗めに編まれたローゲージニットであればあるほど、「手首見せ」は使えるテクニックです。

ざっくりニットは首もとに抜けを

A photo posted by MURUA (@murua_official) on Nov 4, 2015 at 3:37pm PST

ややオーバーサイズで着るざっくりニットの着こなし。ざっくりとラフに着ているつもりが、下手するとだらしなく見せてしまう可能性も大。
そんなときに気をつけるべきは、首もとの空き。鎖骨が少し見えるくらいの空き具合がベターです。
首もとをすっきりさせることで、ざっくりシルエットでも、野暮ったくなく着ることができます。さらにおすすめは、ネックレスなどのアクセはつけずに潔くノーアクセで着るということ。じゃらじゃらつけるよりも、知的な色気香る雰囲気に。

上質なニットはベーシックアイテムと

A photo posted by John Smedley (@johnsmedleyknitwear) on Jul 26, 2015 at 11:53am PDT

大人たるもの、1枚はもっておきたい上質素材のニット。例えば、ニットブランドのなかでもその質の高さで世界中の人々から愛されているイギリスのブランドジョン・スメドレー。軽量かつ細かい網み目で、繊細さが求められるパーツはハンドメイドで作られているのだとか。
ただし、せっかく上質なブランドを着ているのになぜか上質に見えない……なんてことだけは避けたい。
そこで気をつけたいのは、極力ベーシックアイテムに合わせるということ。流行りのアイテムとの組み合わせは、上質さを失いがちな原因に。いいものを際立たせたいからこそ、ベーシックなボトムと合わせるべきです。
トレンドばかり追いかけるのもいいけれど、目指したいのは「ベーシックアイテムをおしゃれに着る人」。少しのポイントに気を配るだけで、洗練さを手に入れることができるはず。
top image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
ちょい足しで世界をさらにおもしろく。インスタグラム上級アレンジ術
恋も友情も。絆がぐっと深まる意外なスポット
運命の人かどうかは、心が一番よくわかっている【今日の言葉】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP