ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本雑誌広告賞の審査員に壇蜜 「消費者に一番近い目線で」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 長嶋茂雄が巨人に入団した1958年から続く歴史ある賞の頂点に輝いたのは──。11月5日、第58回「日本雑誌広告賞」の授賞式が行なわれた。

 4043点の作品がノミネートし、最終審査にはアートディレクターの長友啓典やコピーライターの谷山雅計らとともに、タレントの壇蜜も参加した。

「審査は7時間ほどかかりました。消費者に一番近い目線で選ぶことができたと思います」(壇蜜)

 審査の結果、金賞15点、銀賞15点の計30点が選ばれた。経済産業大臣賞を受賞したのは「サントリーホールディングス」。ロミオとジュリエットが引き裂かれるほど出すぎたお腹のイラストとコピーがハマった作品だ。

 金・銀賞の数が最も多い企業に贈られる総合賞は「花王」。同社の広告制作には自社クリエイティブ部門の約70名が携わる。タイアップ広告金賞は「ザ・ギンザ」。雑誌『和樂』に掲載された広告で、歌舞伎という伝統芸を真摯に追求し続ける坂東玉三郎に製品イメージを重ねた。

撮影■渡辺利博

※週刊ポスト2015年11月27日・12月4日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
10月に亡くなった天野祐吉氏が残したメッセージを収録した本
アカデミー賞 映画文化そのものが衰退危機と落合信彦氏指摘
桂米朝 紅白歌合戦の審査員の最中にスヤスヤ居眠りしていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。