ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女子会 格付けするためデートよりも気を使うイベント化した

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「美女揃いで超豪華!」「交ざりたいけど、こんな女子会、気後れしそう…」──そんなコメントが寄せられたのは、紗栄子(29才)が自身のインスタグラムに投稿した1枚の写真だ。

《女子4人でご飯を食べに行きました♪》というコメント通り、紗栄子と中村アン(28才)、高梨臨(26才)、そして石原さとみ(28才)が赤ワインを囲み、それぞれの決めポーズで笑顔を見せている。

 実はこの4人、月9ドラマ『5→9 ~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)で共演中。モテ期が到来した石原演じる英会話教師と、山下智久(30才)演じるお坊さんという異色の組み合わせのラブコメディーだ。アメリカの大人気ドラマ『SEX and the CITY』の東京版ともいわれ、女優陣の着こなす冬のファッションも話題になっている。

「この日は撮影が早く終わり、その足で女子会となったようです。場所は東京の白金近辺にある、完全会員制の馬肉料理専門店。予約が取れないことでも知られる芸能人御用達のお店です。昨年末オープンしたばかりの人気店ですから、さすがのチョイスですよね」(テレビ局関係者)

 撮影現場の仲のよさが写真の笑顔からは感じられるが、一方で、同世代の美女が4人集まれば、それぞれの胸中がそんなに穏やかなわけがない…と明かすのは、20代後半のあるファッション誌のモデルだ。

「これだけ女子力の高いメンバーが集まったら大変ですよ。お店選びもそうだし、特に着ていく私服は、ドラマの衣装よりよほど気を使うと思います。しかもこうやって写真が披露されて比べられるわけですからね」

 芸能人の集まりではなくても、「女子会」には厳しいルールがある。世代・トレンド評論家の牛窪恵さんはこう説明する。

「女同士集まれば、共感し合う一方で値踏みもする。女子会にも暗黙のルールがいくつもあるんです。もともと女子会の始まりは、男性がいない席でぶっちゃけトークをする気楽な会ということだったんでしょうが、結局は彼とのデートよりも気を使うイベントになっているようです」

 多くの女子はメイクも、指先のネイルも女子会の時にこそ時間をかけるという。自慢話はNGで、自虐話はOK。お店選びはリーズナブルで話題のお店が鉄則。価格設定の高いお店は給与の差があるので「気の利かない子」といわれてしまう…など、挙げればきりがないほど女子会ルールは存在するが、服装についても、やはり気を使わなければならない。

「いかにもブランド物という格好や目立つ服装ではなく、トレンドを押さえていて、よくよく見るとブランドだという方が評価が高い。細かい部分のおしゃれに男性の8割は気づきませんが、女性は本当によく見ていますから」(前出・牛窪さん)

 そんな私服ルールを踏まえて4人の写真を見ると、いつも収録現場での4ショットではピンクのドレスなど華やかな印象だが、女子会の時は一転、紗栄子はベージュ系、石原と中村は黒系、高梨はグレー系と落ち着いた雰囲気。キチンと女子会私服ルールが適用された様子だった(!)。さすが、女子力の高い4人です…。

※女性セブン2015年12月3日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
光浦、森三中、花子、くわばた、IMALU、眞鍋ら芸能界女子会開催中
ホストクラブ女子会 激安いいことにホスト無視で盛り上がる
最新女子会 「満月ヨガ女子会」「高級スイーツ女子会」など

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP