ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョージ・ルーカスはなぜ『スター・ウォーズ』の監督に興味がなくなったのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫


映画『スター・ウォーズ』シリーズが米ウォルト・ディズニーの手に渡って以降、ジョージ・ルーカス監督が同シリーズの続編でメガホンを取りたいと考えていないのは明らかだ。

ヴァニティ・フェア誌のインタビューで『スター・ウォーズ』シリーズから退いた理由を聞かれたルーカス監督は、「映画を撮っても、やること全てが批判ばかりだ」「それはあまり楽しいことではない。新しい試みもできないから」と答えた。

これは、はるか銀河の彼方にある惑星を描いた映画について個人的興味を失ってしまった、と言っているわけではない。彼は物語がどのように進んでいくかについての願望を持っている。多くのファンと同じように、ルーカス監督はダース・ベイダーの孫たちに何が起こったのかを知るのを楽しみにしている。彼はシリーズの続編について、「ただ宇宙船を出していれば良いというわけではない」と指摘もしている。

もっと見る:『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』テレビコマーシャルでハン・ソロの新場面が公開(英語)

映画『スター・ウォーズ』シリーズの生みの親であるルーカス監督は、米ウォルト・ディズニーがルーク・スカイウォーカーの物語を超越して、同シリーズの世界観が拡大してしまうことを心配している。彼は「多くの難解な言葉にまみれて、フォースが乱れないことを望む」と語った。

またルーカス監督は、映画でもっとも嫌われているジャー・ジャー・ビンクスを、彼が一番なりたいキャラクターだと冗談めかして話したことで、おそらく誰かを激怒させることに成功したようだ。

J・J・エイブラムスが監督を務める『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は、2015年12月18日に公開する。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP