ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

漫画、映画、アニメ何でもアリ!高校生の心に残る名シーンとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今まで観てきた漫画や映画、ドラマなどの作品の中で、「あの告白シーンはキュンとした!」「あの友情シーンは何度見ても泣ける…」といった “心に残る名シーン” が、誰でもひとつはあるはず。
 
そこで、全国の高校生421人に「忘れられない名シーン」についてアンケート調査を実施。その結果を、
 
【キュンキュン編】【うるうる編】【ヒヤヒヤ編】のジャンルに分けて発表!
 
※以下、ストーリーのネタバレを含むコメントもあるので、ご注意を。
 

【あんな恋愛してみたい! キュンキュン編】

・「映画の『近キョリ恋愛』で、高校教師役の山Pが生徒役の小松菜奈に壁ドンして、『俺は絶対に逃がさないから覚悟しとけよ』って言ったシーン。これを言われたらうれしいだろうなと思った」(高2男子・静岡)
 
・「漫画『アオハライド』で、いつもクールな洸くんが双葉に電話で『会いたい』と言ったシーン。今までは自分の感情を抑えてたのに、ガマンできなくて言っちゃった感じにキュンとした!」(高2女子・大阪)
 
・「劇場版『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』で、新一が蘭に『オメーのことが大好きだからだよ。この地球上の誰よりも』といった場面。好きな人に言われたら無条件で惚れてしまう!」(高1女子・神奈川)

 
キュンとする名シーンでは、やはり “壁ドン” が人気!『近キョリ恋愛』以外にも、『ストロボ・エッジ』や『アオハライド』、『きょうは会社休みます。』など、さまざまな作品の壁ドンが続出。
 

 
みんなの回答を見ていると、作品は違っても「クールな男子が甘えた瞬間」「不意打ちのキス」といった “突然のデレ感” や、「幼なじみ同士がやっと付き合えたシーン」など “長年の想いが実った瞬間” が、キュンとするポイントみたい!
 

【涙なしでは観られない! うるうる編】

・「『ワンピース』でルフィの兄貴的存在だったエースが死ぬシーン。いつもは何ごとにも動じないルフィが大泣きしたから」(高2男子・広島)
 
・「映画『STAND BY ME ドラえもん』で、ドラえもんがのび太のもとを去るシーン。二人の友情を思うと泣ける」(高3男子・東京)
 
・「アニメの『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のラストシーン。死んだ後、幽霊になって目の前に現れた幼なじみの “めんま” が、成仏して本当にお別れしなきゃいけなくなった場面は涙が止まらなかった」(高3女子・北海道)
 
・「24時間テレビのドラマ『母さん、俺は大丈夫』で、主人公の男の子が病気と闘いながら必死に生きようとしている姿に感動した」(高2男子・愛知)

 
「熱い友情」「別れ」「病気と闘う姿」の3つが、高校生の心に残る感動の名シーンと言えそう。特にワンピースは、サンジがお世話になった料理長に別れを告げてルフィたちの仲間になるシーンなど、感動の場面が多数!
 

 
友情系では、自転車競技部を描いた漫画『弱虫ペダル』や、バレー部の漫画『ハイキュー!!』などの部活系作品を挙げる人も目立った。
 

【アノ恐怖は忘れられない! ヒヤヒヤ編】

・「漫画『進撃の巨人』で、エレンの母親が巨人に食べられてしまったシーン。巨人の圧倒的な恐ろしさと、勝てないという絶望感が怖さを引き立てた」(高1女子・新潟)
 
・「ドラマ『ようこそ、わが家へ』で、飼っている猫の首輪に『おじゃましました』というメモが結びつけられていた場面。誰かが勝手に家に侵入してたと思うと怖い」(高2男子・神奈川)
 
・「漫画『ひぐらしのなく頃に 綿流し編』で、ベッドの下から死んだはずの友人が『迎えにきたよ』と這い出てくるシーン」(高3女子・宮城)

 
グロイ系、ストーカーなどのリアル系、幽霊などが突然現れる系など、さまざまな恐怖シーンが登場!
 

 
ビジュアル的なインパクトだけでなく、
 

「アニメ『がっこうぐらし!』の1話で、主人公が見ていた世界はすべて幻想だったと判明するシーンが恐怖だった」(高1男子・広島)

 
といった “想像を超える結末” にゾクッとした人も。
 
漫画、映画、ドラマ、アニメ…。最近のものから数年前の作品まで、高校生の記憶には想像以上にさまざまな名シーンが刻まれていることが判明!
 

 
今、改めて作品を見直してみると、キュンキュンがうるうるに変わったり、ノーマークだった場面が名シーンに変わっているかも!?
 
あなたにとって、忘れられない名シーンとは…?

投稿漫画、映画、アニメ何でもアリ!高校生の心に残る名シーンとは?リクナビ進学ジャーナル/大学・短大・専門学校や高校生に関するニュースサイトの最初に登場しました。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
進学ジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP