ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ちょい足しで世界をさらにおもしろく。Instagram上級アレンジ術

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅行といえばInstagramで観光地をアップ。でも、ド定番の景色を普通に撮ってもみんなと同じでおもしろくない……。
紅葉の写真やアーティスティックな写真が増えてきたいまの時期、これからは撮影するときにひと工夫をしてみましょう。
グッと魅力がアップする、周りと差をつけるインスタアレンジ術を紹介します。

あの観光地にちょい足し!?

現在、インスタアートで注目されているのが、イギリス在住の写真家リッチ・マッカーさん(@paperboyo)。
彼のInstagramの特徴は、海外の観光地にとある「ちょい足し」で一気におもしろくさせているところ。
そのアレンジ術というのは、自分で作った手のひらサイズの切り絵。背景にうまく合わせて撮影すれば、おなじみの観光地にまったく新しいストーリーが生まれてきます。
パリの凱旋門が、ルーブル美術館が、ロンドンの時計台が……。彼の手にかかればよく見る場所も一瞬でユーモアあふれるアートに早変わり。
ひと手間加えただけのように見えて、切り絵のシルエットと背景、それを持つ手との絶妙なバランスをとっています。

Rich McCorさん(@paperboyo)が投稿した写真 – 2015 10月 20 12:22午前 PDT

空に浮かぶモナリザ様。

Rich McCorさん(@paperboyo)が投稿した写真 – 2015 7月 9 2:26午後 PDT

永遠に降り続ける雨……!?

ベタな場所だからこそアレンジが映える

リッチ・マッカーさんのInstagramがおもしろい理由のひとつは、「みんなが知っている場所」にアレンジしていること。
たとえば、彼の作品はそこらのマイナーな時計台ではなく、ロンドンのビッグ・ベンにアレンジするからこそ世界中にその魅力が伝わっています。
人でにぎわっている観光地。「みんな撮ってるからおもしろくないかも」と感じるときこそ、インスタアレンジのチャンスです。

Rich McCorさん(@paperboyo)が投稿した写真 – 2015 7月 11 4:33午前 PDT

大きな腕時計に変身~!

Rich McCorさん(@paperboyo)が投稿した写真 – 2015 10月 18 9:08午前 PDT

凱旋門が懐かしいあのキャラに……。

「ちょい足しアレンジ」が上級者

「周りとひとあじ違うInstagramはどう撮ればいい?」という問題。
もちろん撮影後に写真の加工もできますが、リッチ・マッカーさんのような切り絵アートや「girleatworld」のように、撮影段階からテーマを決めてひと工夫できるのが上級者のテクニックです。
たとえば、旅行写真でも「すべての景色に同じアイテムを入れて撮影」「1か月同じ表情・ポーズで映る」など、自分でしばりを入れることで、いつものInstagramにゲーム感覚が加わって撮影段階からわくわくしてきます。
オリジナルな「ちょい足しアレンジ」で、Instagramをもっともっと楽しみましょう!

Rich McCorさん(@paperboyo)が投稿した写真 – 2015 10月 9 11:33午後 PDT

マーメイドが自撮り棒って(笑)。

Rich McCorさん(@paperboyo)が投稿した写真 – 2015 11月 7 4:08午前 PST

マルタ島のマルタネコ、ここにも発見!
image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
「Twitterに張りついてないと不安!」それ、新しいSNS病かも
バービーがSNS疲れ。普通の女の子に戻ります
急にヒンヤリ……そんなときは心まであったかくなる「ぽかぽか」のお裾分け

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP