ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LTEをサポートした「LG Watch Urbane 2nd Edition LTE」が米国で発売中止に、ハードウェアの問題で

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国でつい最近発売された LG の新型 Android Wear スマートウォッチ「LG Watch Urbane 2nd Edition LTE」の販売が中止となりました。LG は海外のメディアに対して発売中止の声明を出しており、それによると、理由は QA プロセスでエンジニアが発見したハードウェアの不具合によるものです。LG は、この不具合が日々の利用に大きく影響を与えるため、発売を中止する決断をしたと述べています。現時点で改良版の発売予定は決まっていません。少なくとも、既に製造された LG Watch Urbane 2nd Edition LTE は全て発売中止になります。LG Watch Urbane 2nd Edition LTE は、Android Wear で初めて LTE のデータ通信や音声通話をサポートしたほか、Android 6.0 ベースの Android Wear を搭載するなど初物づくしで注目されていました。LG が QA プロセスになってまでこの問題に気づかなかったということは、セルラー機能に関する部品の欠陥と推測されます。Source : Android Central

■関連記事
東芝、婦人用電子体温計とAndroid用妊活アプリ「ペアリズム」の連携を12月下旬より開始
NTTドコモの「Xperia Z5 Premium SO-03H」が本日発売
米AT&T、「LG Watch Urbane 2nd Edition LTE」のサポートページを公開、メニュー内容やSIMカードスロット仕様などが判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP